1-情報ツール考察

思考と情報は交差する

思考は駆動する感想は脈動する着想は跳躍する→思考と情報は交差する。

『Scrapbox情報整理術』に書いたように情報はネットワークを形成する。網目状につらなる。

一方で、本はリニアに書かれる。この文章も一続きの列として表現される。それは、私たちの注意が、そして意識がそのように流れるからだ。もう少し言えば、私たちの注意はある点から別の点へと移り変わり、また別の点へと移る、その繰り返しである。その総体が、一種の流れとして捉えられる、ということである(※)。

そして、我々の思考は、この意識に乗る。つまり、思考もリニアに流れる。

ここまでは非常にわかりやすい構図である。ネットワークとしての情報、リニアとしての思考。それぞれに特徴が異なる。だから扱い方も異なる。非常に真っ直ぐな理屈だ。

しかし、混沌の芽はたしかにそこにある。思考されたものが記録されるとき、それは情報になるのだ。

だからこそ、ある種の知的営為はネットワーク型で管理したくもなるし、リニア型で管理したくもなる。そして、どちらもそれなりに機能してしまうのだ。不満足と共に。

そうなると、私たちの要望をパーフェクトに満たすツールは期待できないだろう。どこかしらに、何かしらの不満足が残ってしまう。光が粒子であると共に波であるように、局面局面において振る舞いをかえるからだ。

だから、ある程度は納得済みで進むしかない。それで十分なのだと、前を向いて。

※注
ただし、これは非常に単純化したモデルである。一つひとつの注意の点は、数学的な点よりも、ごく小さい面積を持った円に近い。その小さな円が連綿と続いているというのが意識の流れなのだが、議論が複雑になるのでここでは数学的な点をイメージして話を進めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です