物書き生活と道具箱

やることがないので書く

イベントの項目は、それが個人的なものであろうと、激しい感情をともなうものであろうと、できるだけ短く、客観的に記入すべきだ。

バレットジャーナル 人生を変えるノート術
ライダー・キャロル
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 6,237

最近体調が悪く、ろくに作業ができていない。

代わりに、日記を書いている。というか、それくらいしかできることがない。

今はorg-modeにはまっているので、そこに書いている。別にアウトライナーでもScrapboxでもEvernoteでも構わない。

その日感じたことを、つらつらと書き留めていく。あるいは、事実を書き留める。あまりダラダラとは書かない。腕の良いバーテンダーが作ったマティーニのようにシャープに書き留める。

もちろん、このメモは知的生産に役立つわけではないし、タスクになるわけでもない。単なる日記だ。

それでも、書いていると、多少心が落ち着く。さらに、書きだしたものを後から自分で見返すと、それもそれで心が落ち着く。

楽しい発見はそれほど多くはないかもしれない。でも、何かしらはある。

人は、注意を持つ。でも、その注意は限定的で、しかも偏りがちだ。悪いことを考える気分なときは、悪いことばかりに注意を向ける。

手短に書き留めたものたちは、その注意を少し動かしてくれる。ああ、そうだ、こんなこともあったな、という気持ちにしてくれる。

もちろん、書かれているのが、悪いことばかりならば、その効果は期待できない。そういう危うさはある。

それでも、頭の中でモヤモヤと閉じ込めておくよりは、少しはマシになるのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です