4-僕らの生存戦略

考えと世界と隙間

広い広い部屋がある。

その真ん中にひとりの男が立っている。

誰かが男の考えに影響を与えた。

「右には壁があって、一歩も進むことはできない」
「左には壁があって、一歩も進むことはできない」
「前には壁があって、一歩も進むことはできない」
「後ろには壁があって、一歩も進むことはできない」

そうして男は、広い部屋の中、ずっとたたずむことになった。

狭い狭い崖がある。

その先端にひとりの男が立っている。

誰かが男の考えに影響を与えた。

「さあ、前に進むんだ。それが君の未来だ。一歩を踏み出すことは勇気なんだ」
「さあ、前に進むんだ。それが君の未来だ。一歩を踏み出すことは勇気なんだ」
「さあ、前に進むんだ。それが君の未来だ。一歩を踏み出すことは勇気なんだ」
「さあ、前に進むんだ。それが君の未来だ。一歩を踏み出すことは勇気なんだ」

そうして男は、何もない虚空に、勇気を持って一歩踏み出した。

男の行方を知るものはいない。

考えは、行動に影響を与える。
考えは、行動を左右する。
考えは、行動に表れる。

洗脳などとおおげさな言葉を持ち出す必要はない。曲がったことのない角の先の道について、「ああ、あそこは行き止まりなんですよ」と誰かが言ったら、私の世界地図はそのように描かれてしまう。そして、ルート選択からその道は外れる。言ってみれば、そんなことの延長があちらこちらで起きているのだ。

疑う→確かめる

壁があるというのなら、本当に壁があるかを確かめてみる。ちょいと足を踏み出して、前に進めるかどうか確認してみる。

前に進むことが勇気だというなら、半歩だけ足を前に出してみる。世界がぐらつかないかと確認してみる。

それからでも、決定は遅くはない。そう、それからでも決定は遅くないのだ。

疑うことの賛美でもなく、非決定の自由さでもない。単に、決定を少しだけ遅らせること。ズラすこと。その間に、できることをすること。ただ、それだけだ。

どちらにせよ、何かの決定から逃れることはできない。だからといって、猪突猛進に決めることだけが決定ではないだろう。

隙間を作ること。間(あいだ)を設けること。

たとえそれが10秒に満たない時間だとしても、反射的に決めることとは違いが生まれるように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です