物書き生活と道具箱

2020年の手帳はエディターズシリーズ 365デイズノート

はい、新年あけました。新しい手帳(ノート)の出番です。

去年は、アナログツール復帰ということで、「読書手帳」なるものを作ろうと画策したのですが、完全に失敗に終わったので、その反省を踏まえて、今年はもっと手帳らしくいこうと考えました(失敗の経緯や原因はメルマガで書きました)。

レバレッジリーディングと箱庭的編集/超訳本からの誘い/挫折した読書手帳/網の目の本|倉下忠憲|note

対談の効能 あるいはそこから広がる話/準備運動としてのアナログノート/間違ったノートのはじめかた/拡張し続ける管理欲求を抑制する|倉下忠憲|note

Evernoteで手帳2019/読書手帳2019|倉下忠憲|note

で、手帳売り場を延々と彷徨ったあげく選んだ一冊がこれです。

画像1

STALOGのエディターズシリーズ365デイズノートです。

公式サイトは以下。

STALOGY – Stationery, Standard & Technology | エディターズシリーズ 365デイズノート

Amazonは以下。

ニトムズ STALOGY ノート 365デイズノート A6 方眼 ブラック S4103
ニトムズ (2015-06-05)
売り上げランキング: 3,442

この「エディターズシリーズ365デイズノート」は、カレンダー的な要素がない普通の(ページ数が多い)ノートなんですが、これをアレンジして手帳がわりに使うことにしました。

ちなみに、ページは以下のような方眼です。

画像2

わりと薄い線で、個人的に気に入っています。

カレンダー装着

手帳と言えば、欠かせないのがカレンダーですね。バレットジャーナル風に手書き処理してもいいのですが、俺のガイアが「それは面倒だ」と囁いているので、文明の力を拝借することにしました。

画像3

某ダイソー(某ではない)で売っている、カレンダーシールです。こいつがA6サイズのノートにジャストフィットなのです。これを、ノートの冒頭の方に貼り付けていけば、もう気分は手帳モード。

そこに、インデックスシールなんかを使えば雰囲気はさらに倍。

画像4

あとはしこしこ書いていくだけです。

全体スナップ

そんなこんなで完成した2020年の手帳がこれ。

画像5

さすがに裸だとカバンに突っ込んだとき不安になるので、ほぼ日手帳のカバーを拝借しました。これで、一気にほぼ日手帳感が高まりましたね(当たり前)。

「エディターズシリーズ365デイズノート」にはしおりひもがついていないので、カバーの紐が大活躍します。

1枚目のページ。

画像6

ここは2020年らしいイラストの建設予定地ですが、そのまま放置されて雑草が生茂る結果になるかもしれません。

ちなみにインデックスシールは現状二枚使いました。一枚はカレンダーページへのインデックス。

画像7

もう一個は、それ以外のページへのインデックスです。

もしかしたら、もう一種類くらいページのカテゴリが増えるので、そのときはシールを増やして対応しましょう。

個別ページのスタイル

個別ページのスタイルは、ほとんどバレットジャーナルに準拠しています。

画像8

まず、日付ごとのページを作ります。左上に日付を書き入れ、その下に(基本的には)箇条書きでその日にちょっと考えたこと、ちょっとしたログなどを記載していきます。

だいたいメモというのは飛んで思いつくものなので、その際はやじるしなどで項目を繋げます。

これが基本的な記述です。

特別トピックス

で、デイリーページで箇条書きにまとめていると、「うむむ、これについてはちょっと考えたいでござんす」と思うもものが出てきます。そうしたものについては、新規ページを丸々与えて、そこに大きく展開していきます。

画像9

そのページが特別トピックだとわかるように、大きく見出しを与え、めじるしとなるように縦棒も書き込んでおきます。Webの見出しでよくあるデザインですね。

で、このページとデイリーの箇条書きメモをつなげるために、URL的な意味合いで、各ページにはナンバーを振っておきます。上の写真ではページ上部の11と12がそれで、この数字を書くことで、起点となったメモとこのページを接続できますし、他の特別ページとのリンクも可能です。

ここは、後からガシガシ追記していく可能性が高いので、余白が大きくなってもあまり気にせず、必要とあればどんどん新しいページを作っていきます。

あと、このように思考を広げる場所だけでなく、情報を集める場所としての特別トピックもあります。ようするにリストページです。

画像10

リストは、のちほど複数回参照される可能性があるので、より目立つようにページを枠線で大きく囲っておきます。好みで蛍光ペンを使う手もあるでしょう(私のペンケースには入っていないので使えませんが)。

この「思考展開場」(ブレインプレイス)と「情報集約」(リスト)が今のところに、特別ページのフレームです。また使い続けていくうちに増えていくかもしれませんが、バレットジャーナルと同様に、どんなページが増えても問題ありません。その点が、普通のノートを使う利点でもあります。

さいごに

正直なところ、この手帳(ノート)が、私の知的生産の最前線になる、ということはちょっと考え難いものがあります。その辺は、まるっとデジタルツールが担ってくるでしょう。

しかし、最前線ばかりが現場ではありません。そうしたところとはちょっと離れた場所が人間の脳には必要なのではないでしょうか(おおげさ)。

最終的には、そうした場所ですらiPadに吸収されるのだろうなと思いつつ、趣味全開のノート好きの自分を殺さないように、今年もノートを使っていきたいと思います。

ちなみに、すでにダイソーのカレンダーシールはストック分も買ってあるので、今年の途中でノートを使い切ってもばっちりです。そういう細かい対策はアナログでは結構重要です。

▼こんな一冊も:

クラウド時代のハイブリッド手帳術
C&R研究所 (2016-04-21)
売り上げランキング: 48,879

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です