Sharing is Power!

小沢いちろうさん

ごくごく基本的に私は小沢いちろうさんがあまり好きではない、ということを前おいておいて話を始めよう。

現在の年金問題のごたごたから管氏が辞任して、その後任を決めるという事態はかなりメディアの注目をあつめている。

これほど、民主党がメディアの注目になるのは、発足いらいではないか、と思う。

さて、ぐるっと民主党を見渡してみて、後任はだれかと考えてみる。

そして、民主党が今後どういう方向性をもって進んでいくかを考えてみる。

民主党として、あくまで、政権をねらう、野党として進むか、それともこのまま第一野党としてその責務を果たしていくか、という選択肢があると思う。

もちろん、前回の選挙では政権を狙っていたわけだから、それを引き続いていくのが道理であろう。

が、その場合の党首の人選が難しい。

たとえば、第一野党という立場なら、私は岡田氏はぴったりだと思う。かなり攻撃的な顔をしておられる(笑)

しかし、次回の政権をになうとなってくると、はてさて誰が党首になりうるか。

だれもいない。

すくなくとも私はそうおもう。

岡田氏は、総理向きではない。枝野氏はまだ少し若い。鳩山氏は国民から飽きられているし、その他の人選は、全国的な知名度としてはイマイチ。

そこで登場してくるのが、小沢氏である。

知名度としては問題ない。政治家としてのキャリア長い。

が、果たして彼が代表で民主党はやっていけるのだろうか。

問題の一つは、若手議員の反対である。(私を含め)若い人間は小沢氏に対して、ちょっと引いてしまうようなところがある。よく「小沢アレルギー」などと呼ばれているが、アレルギーとはちょっとニファンスが違う。

なんといっても彼には全盛期の自民党の影がどうしてもついて回る。
つまり民主党が「民主党」でなくなる可能性がある。

それ以外では、彼自身が党首をやりたがらないだろうということだ。

今まで彼は、徹底して影になってきた。そのやり方はもちろん、某政治家ゆずりである。

その彼が表舞台に出ることをどれほど望んでいるのか、というのが図りかねるところだ。

このまま行けば民主党が崩壊してしまうという危機が間近に迫っていると考えれば出てこざるえなくなるだろう。なにせ他に出る人間が独りもいないのだから。

ともかく、望む望まないにかかわらず、小沢氏が政局の表舞台に出てくれば、大きな波紋が広がるだろう。

そして、現状をみれば、小沢氏が出なければ仕方ない状況になってきているのだ。

これから、しばらくの間、この変化を見守っておこうとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です