3-叛逆の仕事術

DoMAにおけるレビューとは

DoMAは、そのときの自分の注意に合わせて構造を作り替えていく。

その改変は、随時行われるものだから、原理的にはレビューは必要ない。しかし、原理は原理、現実は現実である。

項目が増えれば、目が行き届かない部分が出てくるのは必然だし、十分な時間がとれないときだってある。結果、そのときの自分の注意とは違った構造になってしまうことは起こりえる。

そんなときにはレビューの出番だ。言い換えれば、システムを触っていて、「ん〜、なんか違うんだな〜」という違和感が生じてきたら、それがレビューのタイミングである。

基本的なレビューの進め方

レビューの決まったやり方はないが(なにせDoMAなのだ)、一応王道っぽいものは規定できる。

まず、最初にやることは、その日の項目にレビュー用の項目を設けることだ。すでに構造があるのだから、その構造を直接触りたくなるかもしれないが、それは避けたほうがよい。DoMAでは、基本的にその日に「考える」ことは、その日の項目下に配置する。レビューにおいても、その基本を守ることにする。

その項目(レビュー項目と呼ぼう)に、「今の自分が気になっていること」を書き出していく。注意点は、以下の三つだ。

* 重複を気にしない
* 項目を振り返ったりしない
* できるだけフラットに書き並べていく

レビュー項目に書き出すことは、高確率ですでに項目が立っている。が、それは気にしない。すでに存在している項目をレビュー項目下に移動させたりもしない。ここは、頭の整理のタイミングであって、項目の整理(≒構造の整理)のタイミングではない。頭を整理する前に、項目を整理し始めるとややこしくなる。だからまず、「今の自分が気になっていること」を書き出す。

「今の自分が気になっていること」という表現がわかりにくければ、「やらんなあかんな〜」と思っている対象ということだ。その行為の未達成が気にかかっていること。それを書き出していく。

その際に、「あと他に何かあったかな」的にすでにある項目をチェックして回るのは避けよう。それをやりはじめると、「今の自分が気になっていること」ではなく、(過去からも含めた総体としての)「自分が気になっていること」になってしまう。それは、容易に項目数を増大させる。

ここで、広くレビューについて言えることを述べておくと、知的好奇心が潤沢な人は、さまざまなものに興味を持つ。ちょっと触ったりする。関心事が時間と共に増えていく。それらは、触るだけ触って、まったくクローズされることはない。放置されたプロジェクト群。そういうものができあがる。

それらをすべてレビューしたらどうなるか。「ああ、そうだこれもやらないと」「あっ、これ続けないと」「そういえばこれもやってたんだった」

気になることが増えてしまう。コミットしたい対象が復活してしまう。にも関わらず、あなたが使える時間の余裕はまったく増えない。

もう一度言おう。自分の気になることをすべてレビューしたところで、それらの行為に着手するだけの時間が自動的に生まれてきたりはしない。だったら、そんなものをレビューしてどうなるというのか。いっそのこと、忘れてしまっていても問題ないのではないか。寝た子を起こすようなことはせず、ただ「今の自分が気になっていること」だけに注意を向ければいいのではないか。

すべてを「適切に」レビューすれば、自分がなすべきこととそうでないことが「適切に」切り分けられる、というのは妄言である。少なくとも、知的好奇心が暴走している人間にはまったく当てはまらない。知的生産者とGTDの組み合わせがスムーズに着地できないのも、このあたりに原因がありそうだ。

ともかく、正当なタスク管理がどうであれ、DoMAでは、ある時点でレビューすることは、「今の自分が気になっていること」だけである。寝た子は起こさない。慎重にベッドの横を通り抜ける。

で、そうした気になることは、書き出す時点ではできるだけフラットに並べていく。その時点で構造化できることもあるだろうが、まずはフラットに並べていく。構造化は後からでいい。

詳細の記述

一通り書き出せたら、その「今の自分が気になっていること」(What I care about now)について、さらなる書き出しを行う。ここでは階層構造を作り、それぞれの項目の下位項目にそれを書いていく。

たとえば、『僕らの生存戦略』という項目があるとして、何がどう気になっているのかを詳述していく。

『僕らの生存戦略』
 第二章を書き進めていく
 第二章が書けないときは第三章以降の項目を整える

これとは別の項目に、『僕らの生存戦略』第二章の流れを洗い出す、という項目があるなら、時間をとって実際にそれを行ってみる。

そう。情報の構造的には、書き出す際に、『僕らの生存戦略』の下に、『僕らの生存戦略』第二章の流れを洗い出すを位置づけたくなるが、考えたいことが別であるならば、それは項目を分けたほうがいい、ということだ。

これらは最終的に統合されるのかもしれないが、自分の頭の中で区分が別であるならば、ツール上でもそれに従わせる。デジタルツールなら、後からの統合は容易である。であればこそ、最初は別々に管理しておく。頭の区分に合わせておく。

アップデート ユア システム

そうした書き出しが終わったら、書き出した内容を、既存の構造・項目に反映させていく。

正直、それをどう反映させるのかは、画一的に記述できるものではない。既存の項目にコピペなり移動なりをさせる場合もあるだろうし、新しい項目を作る場合もあるだろう。それによって、項目の並びが変わったり、新たな親子関係ができたりもする。さまざまなやり方があり、「こうしなさい」とは口が裂けてもいえない。

とりあえずは、自分の中で収まりのよいポジションを探すしかない。でもって、その行為こそが「ん〜、なんか違うんだな〜」という違和感を消すために必要な行為である。

私は、先日行ったレビューによって、システムのメジャーアップデートが発生した

* テンプレートの大幅な変更
* 接頭絵文字の変更
* 階層構造の変更
* 「考え事」という新規項目の作成

かなり大きな変更で、これからの使い勝手も変わってゆくだろう。それを見守るのもDoMA式の楽しさの一つである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です