物書き生活と道具箱

物書きが使うVS Code 〜執筆に嬉しい機能〜

物書きが使うVS Code 〜インストールと日本語表示化〜
物書きが使うVS Code 〜画面構成〜
物書きが使うVS Code 〜Workspace〜
物書きが使うVS Code 〜カスタマイズと設定項目〜

今回は、執筆時に嬉しい機能をいくつか紹介します。ちょっとした機能ですが、地味に役立ちます。

マークダウンと開閉

拡張子が.mdのファイルは、マークダウンモードで開きます。

で、たとえば、「#」とかを行頭に入力して、半角スペースを入れると、その行が見出しとして認識されます。これはまあ、よくある機能ですね。

で、その見出し行の横にカーソルを持っていくと、下向きの矢印が表示されます。なんとなくわかりますね。クリックすれば、下位の要素が閉じてくれるのです(collapse)。もちろん、もう一回クリックすれば、下位要素が開きます(expand)。

いちいちマウスでカーソル移動するのが面倒ならば、option + command + [ (または])のショートカットでも開閉できます。

一回キー操作が多くなりますが、command + k → command + l だと、開閉のトグルとなります。閉じていたら開く、開いていたら閉じるです。

この「アウトライナーじゃなくてエディタなんだけど、項目が開閉できる」点が、私がVS Codeをすごく気に入っている点の一つです。普通に文章を書いているときでもあるんですよね、「ここは今閉じておきたい」みたいな感じが(たとえば本文中に差し込まれているコラムとか)。

アウトライナーのように階層を作り、本文をその下位レベルに移動させなくても、その上の行に見出しを追加すれば、簡単に開閉ができるようになります。org-modeっぽい感じです(本家ほどではありませんが)。

ちなみに、.mdファイルでなくても、右下のモードを表示をクリックすれば、任意のモードに変換できますので、.txtファイルであっても、マークダウンモードに切り替えれば上記の操作は可能となります。

マークダウンプレビュー

マークダウンが書けるなら、プレビューも表示させたいところですね。ご安心ください。 command + k → v で分割ウィンドウにプレビュー表示が開きます。

で、このプレビュー表示に関しても、カスタマイズが可能です(詳しくはgoogle.comへ)。

zen mode

似たショートカットキーとして、command + k → zがあります。

これを押すと、開くのです。zenモードへの扉が。

エディタ以外の要素が隠され、行番号とかも消えちゃいます。ザ、集中空間ですね。私は、本の執筆ではだいたいこのモードを使っています。

ちなみに、esc → esc で通常空間に戻れます。

さいごに

他にもわんさかショートカットキーはあるのですが、とりあえず、 command + b でサイドバーがトグルすることを覚えておけば十分でしょう(たぶん)。

ともあれ、以上のように、VS Codeは物書き用のエディタとしても十分威力を発揮してくれます。すげーやつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です