0-知的生産の技術

ライフハックのカテゴリー

最初に言っておくと、ライフハックの対象は幅広い。

というか、私たちの営為は必ずライフ(人生・日常)の中で行われるのだから、ライフを対象としたとき、それは境界線の内側すべてを含意してしまう。人間は、ライフ以上には手を伸ばせない。

その意味で、ライフハックは極めて便利な言葉として機能したが(なにせ何でも対象化できる)、しかしそれは終焉をも意味した。ライフハックより先はない。あるとすれば、スピリチュアルな何かだけだ。

つまり、ライフハックとはノウハウのブラックホールであった。その盛り上がりは、終わりの始まりでもあったのだ。

という不吉なことを書いておいてから、前回の目次案をじっと眺めてみる。より俯瞰しやすいように、情報を編集しておこう。

『ライフハック大全』
時間管理、タスク管理、集中力・ストレス対策、読書・情報収集・学習、発想・アウトプット・思考、コミュニケーション&チーム、日常生活・旅行、習慣化・やめない技術

『最強のライフハック100』
時間、情報収集、片付け、集中と発想、チーム

『天才たちのライフハック』
集中力を強化する、アイデアが湧いてくる、仕事の生産性を上げる、ストレスに打ち勝つ、学び、自らを高める

『シリコンバレー式超ライフハック』
自己、脳、恐怖、休息、快楽、睡眠、運動、食事、テクノロジー、幸福、人間関係、瞑想、自然、感謝

『勝間式ネオ・ライフハック100』
問題解決・目標達成、時間管理、インプット・アウトプット、お金、思考法、人間関係、片付け・料理、ヘルス

ぱっと見ただけでも、広大な範囲である。さすがはライフハック。しかし、いくつか共通するものは見つかる。それらをまとめてみよう。

  • 時間管理
  • タスク管理:
  • 目標達成
  • 自己認識:脳、快楽、恐怖
  • 集中力:瞑想
  • 生産性向上
  • ストレス対策・打破
  • 健康(メンタルヘルス):睡眠、運動、食事、休息、幸福
  • 読書・情報収集・学習(学び、自己啓発)
  • 発想・思考法
  • アウトプット
  • 問題解決
  • コミュニケーション&チーム(人間関係)
  • 日常生活・旅行
  • 習慣化・やめない技術
  • お金
  • 片付け
  • 料理・食事
  • テクノロジー
  • 自然
  • 感謝

いくぶん再編成の余地はあるが、ある程度はカテゴライズができた、叩き台としては十分だろう。

では、次なる分析に進もう。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です