Sharing is Power!

Outputter for Twitterが最強のメモツールになるかもしれない件について

Twitter投稿専用アプリである「Outputter for Twitter」は、僕のようなTwitterに投稿せずにはいられないような人間にとっては、極めて便利なツールである。なにせ投稿はできるのだが、タイムラインが閲覧できない。

あのズルズルとタイムラインに引きずられるような感覚と距離を置きながら、気ままに投稿できる。しかも、リプライは確認できるので、「あの人たくさん投稿しているけど、返信がないのは嫌われているんじゃないか」と想像してしまう先回りの恐怖感とも距離を置ける。ちょうど良い按配である。

操作感も良い。さすがFastEverのRakko Inc.である。起動したら即座にツイート作成画面であり、入力即ツイートが可能で、そのままどんどんツイートしていける。当然画像の添付もできる。褒められたことかどうかは別にして「ツイートに集中できる」ツールではあろう。

さて、この「Outputter for Twitter」をしばらく使っていて思ったのだが、これは最強の「メモ」ツールになるのではないだろうか。以下は実際に運用したわけではない単なる妄想だが、それでも長年のメモ探究経験からいってそのシミュレートの精度は一定の信頼度が置けるように思う。つまり、

・思いついたら即座にメモできる
・それらがクラウドに保存されてどこの端末でも閲覧できる
・データの保存元にはAPIでアクセスできる
・アーカイブのDLも可能である
・保存されたメモは個別にURLを持つ(これがすごい)
・検索もできる(from:自分のアカウント名 キーワード)
・IFTTTやZapierとの連携もできる
・書いたメモにリプライできる(連ツイ)

といったことができるメモツールがすばらしくないはずがない。なのでメモ用に鍵アカウントを作っておき、そこにバンバンメモを流す使い方をすれば、これ以上の「メモ」ツールはないのではないか。

もちろん、ここまで散々「メモ」に鍵括弧をつけたきたのにはわけがあって、これは「ノート」ツールではない、ということだ。後からの書き換えができないので、長期的に情報を補完していくような使い方はできない。あくまで走り書きメモ、断片的メモを残すための位置づけである。

情報一元化理論で言えば(今勝手に作った)、ノートとメモが同一ツールに上に存在している状態は望ましいと言えるわけだが、私たちはそろそろこの理論に叛逆していくべきだろう。なぜなら、ノートとメモが混在すると検索が「汚れる」からである。

もう少し言うと、メモの中にはノートと混ざっていても良い(あるいはその方が好ましい)ものもあるが、それがすべてではない、ということだ。そして好ましくないものが混ざっていると、検索結果がノイズばかりになってしまう。であれば、まず雑多なメモ置き場として、一つのストリームを持っていても良いのではないか。そこでも検索でき、時系列で探すこともできるならば、全然OKではないか。

とまあ、そこまで飛躍しなくても、Twitterに投稿することでAPIを経由してさまざまな「悪さ」ができることはたしかである。プログラミングの知識は必要だが、逆に言えばそれを学べば「自分の環境」を作っていくことはやりやすくなる。

もちろん、万人にこのやり方を進めるつもりはないし、そもそもTwitterってそのためのツールではないわけだが、一つのアイデアとしてここに書き残しておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です