Sharing is Power!

(補足)MacOSの「テキストエディット」について

プレーンテキストファイルもリッチテキストファイルも両方作れます

テキストエディットを使うときの注意

MacOSに標準でインストールされている「テキストエディット.app」(英語表記はTextEdit.app)は、テキストファイルを扱えるアプリで、標準のプレーンテキストと、装飾可能なリッチテキストの両方が扱えます。

ですので、ごく普通のテキストファイルを作りたい場合は、このアプリも「自分のノート」の選択肢になります。

ただし、環境によってはプレーンテキストではなく、リッチテキストが標準になっている場合もあるので、以下の設定を確認してみてください。

メニュー→「環境設定」→「フォーマット」

これが「標準テキスト」になっていれば、ややこしいことは何も考える必要がありません。「テキストエディット.app」でファイルを新規作成すると、それがごく普通のテキストファイル(プレーンテキスト)となります。

一方で、フォーマットが「リッチテキスト」になっていると、ファイルを新規作成したときに以下の画像の右ようなエディタが立ち上がり、保存するときもリッチテキストのファイル形式がデフォルトになってしまいます。

リッチテキストになると、文字サイズや色、そしてフォントなどがさまざまに調整できるのですが、その分ノートの内容以外に考えたくなる誘惑が出てくるので、できれば最初の方はリッチテキストではなく、ごく普通のテキストファイル(プレーンテキスト)から始めた方が良いでしょう。

ですので、「テキストエディット.app」を選択する場合は、上記の設定項目を一度確認してみてください。

とりあえず、新規作成したときにウィンドウに余計なものが一切表示されていなければそれはプレーンテキストになっています。そうではなく、いろいろ細々とした装置が上のほうに表示されていたらそれはリッチテキストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です