Sharing is Power!

「今日のノート」に書くsomething

レッスン2の補講

〈今日のノート〉には、「これは覚えておきたいな、忘れたくないな」というものを書きます。

たとえばそれは、「今日はあれとこれとそれをやらないとな〜」といった大振りな「やること」の場合もありますし、「夕方から買い出しに言って味噌煮用の味噌を買って、ついでにトイレットペーパーも買わないと」といった小柄な「やること」の場合もあります。それはもう、ぜんぜんなんでも構いません。書いておけば忘れない、あるいは忘れても思い出せる。それがノートの良いところです。

一方で、少し違ったものも〈今日のノート〉には書かれることがあります。たとえば、小説を読んでいて主人公がめっちゃカッコイイ台詞を言ったとしたら、それを「忘れたくない」と思うかもしれません。ノートの出番です。

あるいは、水が水蒸気になったりすることを相転移と呼び、水だけではなく他の物質でも起こるのだという話を「へぇ〜、面白そう」と思うかもしれません。ノートの出番です。

テレビで芸能人が進めていた漫画が気になったら、来週の会議の予定時間が通知されてきたら、パズドラで新しいキャプテン翼パのサブを思いついたら、ノートの新しい使い方を発見したら、すべてノートの出番です。それを〈今日のノート〉に書いておくのです。

もちろん、そんな風にごちゃごちゃと書き込んでいけば、〈今日のノート〉は雑然としてきます。整理好きな人は、そんなにごった煮にして大丈夫なのかと心配するかもしれません。安心してください。大丈夫です。というか、〈今日のノート〉が大丈夫ではなくなる状態とはどのようなものでしょうか。

今日、自分が思いついた、あるいは心に留めたものを書いているのですから、どれだけ雑然としても〈今日のノート〉は〈今日のノート〉であり続けます。だから心配しないでそこにガシガシと書き留めていきましょう。

(次回に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です