物書き生活と道具箱

「Refills」のここが良い~さいすけとの比較~

待合所「Phoneアプリ「Refills」を購入。」の方でもお知らせしましたが「Refills」というアプリを購入して使っています。

このアプリの使用目的は「iPhoneでグーグルカレンダーを見る」こと。この点でいえば確かに使い勝手のよいアプリです。過不足がない、という感じでしょうか。

今まではiPhoneとグーグルカレンダーをつなぐアプリとして「さいすけ」を使っていました。機能は比較的高機能と言えますが、若干同期が遅い、という問題が。

「Refills」を使っていて一番快適な点は、入力した予定(Events)がすぐにGoogleカレンダーに同期されること。「さいすけ」でも同期されるのですが比較するとやや遅い感じがします。こういう細かい使い勝手も頻繁にアクセスしたり、対応に即効性が求められる状況では非常に重要性が高いです。

さいすけ マンスリー
さいすけ マンスリー

あと、やはりデザイン的な差は結構大きいです。「Refills」は元のデザインもなかなか素敵ですが、その名の通りいくつかのデザインテーマが用意されていて、自分の好みのものをチョイスできます。バージョンアップに伴ってこのリフィルが増えていくことでしょう。その辺りも期待しています。

Refills マンスリー
Refills マンスリー

二つのアプリの差

上に挙げた差以外にも機能的な差がいくつかあって、個人的な印象および使い勝手と結びついています。

タイムラインの表示

グーグルカレンダーは「日」ページは0時から23時までの一日の全てのタイムラインが表示されています。「さいすけ」もそれに準じる形で24時間表記です。

さいすけ デイリー(上)
さいすけ デイリー(上)

さいすけ デイリー(下)
さいすけ デイリー(下)

「Refills」では一日の始まりの時間を設定できます。これが「紙の手帳」的です。普通の手帳はデイリーページは朝の0時から始まったりはしません。その時間起きて作業しているひともいるでしょうが、それはどちらかと言えば「前日からの繰り越し」という感じでしょう。
※1時というよりも25時、という感じ。

そういう意味で別に一日の始まりの方に0時がある必要はありません。朝その日の予定を確認するときには大体その時間は終わっているでしょう。無駄ではないが必要性が低いものが無い、というのが個人的に気に入っています。一応私はほぼ日に合わせて4時始まりに設定しています。

Refills ダイアリー
Refills ダイアリー

もうすこし欲を言えば、一日の終わりの時間も設定できればよいかなと思います。ほぼ日手帳では4時から4時までのタイムラインがデイリーページにはありますが、それだと非常に「現実」にマッチしていると思います。

あと補足ですが、例えば一日の始まりを7時にしていても、その日の朝5時に予定(Events)が入っていたらそれはきちんと表示されます。

予定の入力

見やすさの違い以外にも多少両者には差があります。
「さいすけ」では月表示モードでのダブルタップの挙動を二つから選択できます。

1 ダブルタップしたデイリーページに移動
2 ダブルタップした日に予定を作成する

しかし、デイリーページのタップは月表示モードに戻る挙動しかありません。欲しいのはここからの予定の入力なのです。

例えば、

相手 「どこか土曜日の14時にお会いできる日はございますか?」
自分 「ちょっとまってくださいね」
月のカレンダーを確認→比較的予定の少ない土曜日を探す→発見→その日のデイリーページを見る→14時周りに予定がないことを確認
自分 「15日なら大丈夫ですね」
相手 「じゃあ、その日でお願いします」
自分 「はい、わかりました」
その日の14時に予定を入力する

というシチュエーションです。

この場合、月間ビューからデイリービューへ飛んで、さらにタイムラインを確認し、そこに予定を記入するという動きが必要です。

これが「さいすけ」だとすごく中途半端にしかできません。「Refills」の場合、デイリービューから直接タイムラインを選んで予定が記入できるので、かなりスムーズに行えます。

まとめ

上に書いた以外にも差はまだいくつか差があります。まとめてみると、

・iPhone側からの入力→Googleカレンダーの同期がスピーディー
・無駄ではないが必要性の低いものが省かれている
・逆に必要なものは幅広く取られている(月間カレンダーの縦のサイズが違う)
・「Events」以外に「Task」を入力できる
・デイリービューのタイムラインから直接予定を加えられる
・アイコンが青い

となります。
※一番最後のヤツは、ただ私が青色が好きというだけです。

少々高いアプリでしたが、現状の差だけでも「さいすけ」から乗り換えたことに満足しています。リフィルが増えたり、あるいはグーグルタスク(Todo)と同期取れたりするようになれば可能性はさらに増していくのではないかと思います。

グーグルカレンダーと同期とるアプリにお悩みで、かつ「1200円」という投資が積極的にできる方なら試す価値はあるかもしれません。
※「さいすけ」のアプリ代も1200円と高く付きました。しかしこれはもう「サンクコスト」です。ちゃっちゃと忘れてリフィルを使っていきたいと思います。

参考サイト:
Refills for iPhone公式サイト
Refills for iPhone Refills(iTunesが開きます)
Googleカレンダーと同期可能! iPhone用スケジュールアプリ「リフィルズ」
iPhoneのカレンダーアプリ
さいすけ for iPhone

参考つぶやき:
今のところ最強のiPhoneカレンダー。不満なし

編集後記:
最近読み始めたのですが、佐々木俊尚さん新刊がめっぽう面白いです。大学生から若手ビジネスパーソンはぜひ読んだ方がよいでしょう。また、書評も書きたいと思います。

ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 (宝島社新書)
ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 (宝島社新書)
宝島社 2010-01-09
売り上げランキング : 433

おすすめ平均 star
star視点が斬新なセルフブランディングの手引書
star自分の履歴をどうアピールしようか
star手軽に読めるし役に立ちそうだがどう考えても間違ってそうな箇所あり

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です