「タスク」の研究

「とにかくはじめ」られないタスクへの対処法

仕事に限らず「やらなければいけない」と感じていることから逃げれば逃げるほど、やりたくない心理が大きくなってしまいます。さっさと取りかかるのが一番良い、と知っていながら取りかかることができない、という状況から逃れるために3つの手法を紹介します。

(1)タスクを分解してリストする

仕事に手を付けたくない心理状況の原因は

  • 何から手を付けていいかわからない
  • 難しそうに感じる
  • 終わりが見えない

この3つのどれかが潜んでいる可能性があります。これ以外にも「嫌いな上司から命令された」といったタスク以外の要素が絡んでいる可能性もあります。
※これは冗談ではありません。こういうのも理由としては充分ありえます。こういった要因に対するアプローチもありますが、それはタスク管理とはまた別の視点なので今回は触れません。もし知りたい方がおられれば別にエントリーを書きます。

さて、上に挙げた3つの要因に対してはまず「タスクを分解する」ことから始めます。
タスクを分解すれば、スタート地点が明確になり、一つ一つのタスクの難易度は下がり、これをやれば終わり、という形が見えます。

(2)とっかかりのタスクは簡単なものに

タスクを分解したときに一番上に来るタスクは(最初に取りかかるタスク)は考え得る限り簡単なものにしてしまうというのも手段です。例えばパソコンの電源を付けるでも、引き出しを空けるでもいいです。更に言えば「タスクを実行している自分の姿をイメージする」でも良いです。
※Rashitaメソッド:「イメージを先行させる」より

一番手っ取り早いのは「タスクを分解する」というタスクを一番最初に設定することです。
分解が終われば、それだけでチェックマークを一つ付けることができます。

すこし、イメージしてみて下さい。1個しかタスクがなくそれが未完了になっているタスクリストと100個のタスクがあって99個のタスクが完了になっているタスクリスト。
どちらが一個のタスクを片付けよう、という気持ちになりやすいでしょうか。

ちょっとした事ですが、こういう工夫がとっかかりを付ける手段になります。
※もちろん、こんなことしなくても「やらなければならない」と思って取りかかれるものに関しては普通に分解するだけで充分ですし、さらに手順が完璧に頭に入っているならば分解する作業も必要ありません。

(3)リマインダーを設定する

分解した上でそれを「リマインド」してくれるものがあればさらに効果的です。これはツールを使用してもよいですし、同僚や上司でも良いと思います。
※一人で働く人は必然的にツールに頼らざる得ないでしょう。

リマインダーのツールは数限りなくあります、RTMでもグーグルカレンダーでもメールを送ってくれる機能があります。ある種のルーチンワークが手を付けにくいならば、そしてあたなが軽いTwitter中毒なら「Rootien」というサービスもあります。
※DMでリマインドしてくれるサービスです。

また、職場で働く同僚は強いリマインダーとなります。席が隣の同僚に「あの仕事手を付けた?」と尋ねられれば、いやでも最初のタスクには着手せざる得ないでしょう。
同僚もまたタスクに着手できないことに悩みを抱えているならば、お互いにリマインドしあう事もできます。

上の二つの変化形として、一人で働く人もTwitter上の知り合いとリマインドを交換し合うこともできそうです。実際の作業内容がオープンになっていないのでそれほど強制力が働くわけではありませんが、何もしないよりは効果があると思います。

まとめ

以上は、「やらなければならない」けども手を付けられないタスクに対処するための手法です。全てのタスク管理でこんなことをしていたら面倒で仕方ありません。タスク管理において全てのタスクを均一に扱う必要はない、というのは忘れがちなポイントかも知れませんが案外重要な点です。

参考ウェブサービス:
Remember The Milk http://www.rememberthemilk.com/?hl=ja

Google カレンダー http://www.google.com/intl/ja/googlecalendar/tour.html

Rootien http://www.rootein.com/

編集後記:
本文で紹介した「Rootein」ですが、私は「ブログを書く」と「一人ブレスト」をする、というものを設定しています。まあリマインドがこなくてもブログは書くのですが、お昼頃気を抜いている時に「ブログを書こう」とDMが届くと、ねじを締め直す効果があります。
本来の用途とは違いますが、「クレド」なんかを設定して毎日見ても良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です