2-社会情報論

電子書籍リーダー自体はいいんだけども・・・

内容よりAPPに感動!『もしドラ』アプリに未来を見た!」(Find the meaning of my life.)という記事を読んで、かなり「もしドラ」を読みたい気分が高まってきました。あの表紙はレジカウンターに持っていくにはちょっと(かなり?)抵抗感があります。まあドラッカーはだいたい読んでるからいいかなと思いつつも、周りからは良い評判が流れてきているので、何度か本屋で手に取るもののあきらめる、ということが繰り返されてきました(笑)

アプリで買うならば、こういった問題は一挙に解決されます。新たな電子書籍の魅力ですね。

電子書籍と言えば、最近はiPhoneで「電子書籍の衝撃」や「iPhoneとツイッターは、なぜ成功したのか?」などもダウンロードして電子書籍リーダーで読んでいます。確かにすばらしい時代の到来だと思います。でも、これがこのまま進んでいって大丈夫か、という疑念もあります。

最大の問題は電子書籍リーダーの乱立化です。出版社ごとに提供されているリーダーは、このまま進んでいくとどんどん数が増えていく事でしょう。これはユーザーからみるとあまり良い状況とはいえません。出版社の数だけリーダーが存在するとすれば、その分だけのアプリをiPhone上に登録しておく必要がでてきます。

これは「使いやすい環境」とはとても言えないと思います。いちいち「あの本ってどこの出版社から発売されていたっけ?」と思い出して、アプリを起動して本を探すという行為は不便極まりません。今のところ数が少ないのでそういった問題は表面化していないのかもしれませんが、このまま1出版社=1アプリという状況が続いていけば、確実に問題になってくると思います。

業界共通のリーダーを作って、コンテンツのダウンロード自体は別の窓口でもコンテンツを管理するプラットフォームは一つにしておく方がよいのではないかなと思います。すくなくともその方がユーザーライクなんではないかなと「一読書人」としては思う次第であります。

関連リンク:
理想BookViewer: 電子書籍リーダー。林信行さん(@nobi )の本が無料配布中!1045

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です