Sharing is Power!

[告知]:「読書週間」に読書をして書評を書こう!企画第二回

すっかり寒くなってきましたが、暦の上ではまだギリギリ秋です。そして秋といえば、秋の読書週間。

去年の今頃に第一回目の書評企画というのを始めました。

「読書週間」に読書をして書評を書こう!企画概要

今となっては懐かしい限りです。

でもって、当然今年もやります。

書評企画とは?

ブロガーの皆さんの書評エントリーを集めようという試みです。

内容については過去の私がなかなか良いことを書いているので、そのまま引用しておきます。

10月27日から11月9日までは”読書週間”です。いつもは時間が無くて読書ができていないと嘆いておられる方も、読書はしているけども書評までは書く気にならないという方もおられると思います。

たしかに書評を書くのは手間・時間がかかります。しかしそれに見合うメリットはちゃんととあります。書評を書こうとするとその本とじっくり向かい合う事が必要です。読書メモを取ったりもするかもしれません。

ただ単に書いてある内容に頷くだけではなく、自分の考えではどうなのか、自分の生活において何か使えるものはないか、などと内容を咀嚼しながら吸収していくことができると思います。

そしてそうやって書き上げた物がもしかしたら他の人に影響を与えるかも知れません。
自分が受けた影響が外に拡がっていく感覚というのはなかなかすばらしいものです。

というわけで、今回は「この”読書週間”を機会にして読書→書評の流れを行ってみませんか?」という内容の企画を立ち上げたいと思います。

今回も期間中、私は毎日書評エントリーをあげさせていただきます。

期間

11月8日~11月14日 23:59 

応募条件・ルール

ジャンル指定などは特にありません。小説でも、実用書でも、趣味の本でも、ビジネス書でも、古典でもなんでもOK。自分が面白かったと思えた本に関してレビューを書いてみて下さい。

唯一ルールらしいものといえば、「実際に読んだ本」のレビューを書くこと。しかしこれを破ってもペナルティ等は発生しません。

エントリー方法

まず、ご自分のブログに書評の記事を書いていただいた後、

・この記事にトラックバックをうつ
・この記事のコメント欄にURLを書き込む
・私あて(@rashita2)にTwitterでURLをリプライでおくる

この3つの方法のどれかでお願いいたします。

こんなメリット

  • 書評を書いてみたいけどイマイチやる気が起きないという方に「締め切り効果」
  • いろいろな人の書評を見てみたいし、自分のものも読んでもらいたい
  • 他の書評を書いているブロガーが気になる
  • 自分のブログの知名度アップ

去年よりは遥かにブログのアクセス数、Twitterのフォロアー数も増えていますので、「知名度アップ」には多少なりの貢献はできるかと思います。

参加いただいた記事はこのブログでまとめて紹介させていただきますし、Twitterでも紹介させていただきます。

9 thoughts on “[告知]:「読書週間」に読書をして書評を書こう!企画第二回

  1. 以前、Evernoteの企画にエントリーさせていただいた胡蝶です。
    今回、トラックバックをお送りしてエントリーしましたが、最近、トラックバックがうまくいかないことが多いので、コメントも残させていただきました。もし重複していましたら申し訳ありません。よろしくお願いします。
    http://ikujipapanolifehack.blog90.fc2.com/blog-entry-11.html

  2. ピンバック: VIVA☆ゆとり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です