物書き生活と道具箱

VAIOが逝った後の生活について

先日の日曜日の事。朝起きて一日の始まりの儀式とも呼べるメール&フィードチェックをしようと思ってデスクトップのVAIOを起動させようとするも、起動せず。ちなみにOSはWindowsXPだ。

基本的に雑用的処理はデスクトップで、集中して原稿を書いたりスライドを作ったりというのはMacbookでという使い分けをしてきた。新しくMBAを買ってもその基本的路線は変わらずである。その端末によって気分をスイッチさせるというのは個人的には「あり」じゃないかなと常々思っている。というわけで、一日の内何回かはそのVAIOを立ち上げることになるわけだ。

しかしながら、それが起動しない。ダメ元で何度かオンオフを繰り返すが症状に変化はない。おなじみのVAIOのロゴ画面までは行く。でも、Windowsが起動しない。HDD的何かが致命的な状態になっているのだろうと推察される。

それ以前から兆候はあった。スリープ状態から復帰させようとすると勝手に再起動されてしまうというトンデモ現象が起きていたのだ。その頻度も徐々に多くなってきていた。
私は、年老いた犬を見つめるような目でそのVAIOをしばらく見つめていたものだ。

先日買ったばかりの檄お気に入りMacBookAirもこういった状況をある程度見越したものだ。デスクトップが昇天されても問題が無いように、MacbookProにしようかなとも考えていたのだ。でも、結局MBAをチョイスした。MBAにはそういった論理的推察能力を扉の奥に閉じ込めておくほどの暴力的な魅力があった、とだけはここでしっかりと書いておきたい。

結局、家で出来るありとあらゆる手を尽くしてみたが、VAIOくんは復旧しなかった。はっきりとした日時は調べてみないと分からないが、結婚してすぐか、その近辺に買った記憶があるので、最低でも4年は使っていることになる。もしかしたら5年近くになるかもしれない。であれば、ソニー○イマー的には頑張ってくれた方だろう。

いまさらこの旧世代PCの復旧に投資するつもりもない。そういうのは激しいサンクコストの呪縛である。

というわけで、昨日一日デスクトップにまったく触れずにMBAだけでPC周りの作業をこなした。

案外イケる

率直な感想を言えば、単純に「生産性」の面で言うとこの方が遙かによい。感覚的には「テレビを見なくなった生活」と同じぐらいの変化である。

一体いつ頃だったのか、これまた記憶は不鮮明だが、20代の頭ぐらいからはほとんどテレビを見なくなった。記憶をさらに絞っていくと確か「基本情報技術者試験」の試験勉強をし始めたのがきっかけだったかのように思う。この辺はさすがにほぼ日手帳を見返して過去の記憶をたどることはできない。10年前にはまだそんな手帳は持っていなかったのだ。

ともかく、おそらくはその辺だろうと思う。何せ一日8時間ぐらいみっちり勉強していたのだ。テレビなんか見ている暇は無かっただろう。そういう生活を2ヶ月以上続けた後、私の「人生チャンネル」からテレビというものがすっかり抜け落ちていた。

それまでの人生では「とりあえず」テレビをつけていた生活を送っていた。それが、何か必要がない限りテレビをつけない生活への移行した。そしてそれは私の可処分時間を大幅に増やすことになった。

今では、空き時間はこうして文章を書いているか、本を読んでいるか、そのどちらかだ。

そのようなシフトがMBAオンリーの生活にも訪れたといってよいだろう。何せ本当に必要最低限のものしか入っていないのだ。ブラウザとエディタとEvernoteとDropBox。あとはQuickSilverとATOK。これだけだ。しかもブラウザの「お気に入り」も必要最低限のものしか登録していない。あくまで作業に使うリンクだけで、趣味とか気分転換用のリンクは一切無し。なんといっても、作業専用としてセットアップしてあるわけだから作業以外の事はできない。

こういう環境にいると、気が散る要素がかなり少ない。でもって、作業がはかどる。というか作業しかすることがない。これは単純に私の「生産性」という意味では非常に良い傾向と言える。

もちろん、まだ一日目である。実質的に雑用用の処理をしなければいけない事態はでてくるし、それに併せてMBAにも何かしらのアプリをインストールしなければいけないだろう。それはさすがに現実的に対応せざるえない。

しかしながら、一つ言えることは「環境」の力は大きいという事だ。非常にありきたりな話で申し訳ないが、作業に集中したければ作業に集中するしかない環境に身を置くのが一番手っ取り早い、作家の「缶詰」なんていうのもそれと同じだ。結局人間の集中力なんてものは、意志で完璧にコントロールしうるものではないのだ。

というわけで、しばらくはMBA一本で行く事にする。実際ちょっと、けっこう、かなり困る場面も出てくるだろうが行けるところまでは行ってみたい。幸い今はまっすぐ原稿に向かわなければいけない環境である。こういう強制的なリセットもタイミング的には悪くない。

フロストの「愛と希求が一つとなって」ではないが、ちょうど私が今やるべきと、置かれている環境がちょうど一致しているわけだから、その流れにしばらくは乗ってみようと思う。

▼ひそかなおすすめ:

Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 64GB MC505J/A
Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 64GB  MC505J/A
アップル 2010-10-21
売り上げランキング : 9708

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 128GB MC506J/A
Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 128GB  MC506J/A
アップル 2010-10-21
売り上げランキング : 3141

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です