Sharing is Power!

4月7日 日経平均・ダウ平均・経済ニュース

日経平均 8,832.85円
最高値 8,884.45円
最安値 8,778.92円

ダウ平均(前日)
 7975ドル85セント

最高値 8,016.16ドル
最安値 7,862.20ドル

米、住宅ローン返済詐欺の取り締まり強化


金融機関向け資金供給、担保の対象拡大 日銀、金利据え置き

金利は据え置き、地銀へのバックアップなど下支えに賢明。が、金利の上昇がない分デフレ方向へは進みやすいはず。

8―15兆円の需要創出を、諮問会議 追加経済対策で試算

「失業率の高騰阻止」「成長率の落ちこみを先進国の平均程度に」「内需の底割れ防止」が基本方針らしい。成長率に関しては、大きなマーケットの変化に産業がついてこれるのか、というのが重要なポイントになってくる。
どの政策も、とりえあえず現状をこれ以上悪いものにしない、という心持ち弱いメッセージになっている。

破綻REIT「ニューシティ」、米ファンドが買収 1200億円

中国貯蓄率、過去最高の28.8% 08年、社会保障の未整備背景
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090407AT2M0602H06042009.html

これはどう判断したら良いのだろうか。貯蓄に回っている分が多くなっている、ということなんだろうが、それでもまだお金は持っているということだし、それを消費に向けされる魅力ある商品を開発すればまだまだ中国で稼げるという風にとらえるべきなのだろうか。
それとも単純に中国の市場は狭くなっていると考えるべきなのだろうか。

F22戦闘機の発注停止、米国防長官表明 日本のFX選定に影響
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090407AT2M0700T07042009.html

関係のある企業は痛手なんでしょうか。

日経平均、5日ぶり小幅反落 終値25円安の8832円
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090407NT001Y00607042009.html

明日も下がりそうな気がプンプンしています。まあこれだけあがった後で小幅のマイナスという点でみると買い方の意欲はある、ということなんでしょうが・・・。

米国株、5日ぶり反落 ダウ41ドル安、最近の上昇の反動で利益確定
http://www.nikkei.co.jp/news/market/20090407c8AS3L07001070409.html

利益確定の売りが集まった割にはそれほど下がらず。下値では下げ渋っているとのこと。であれば本来は次はあがってしかるべき。どうなるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です