物書き生活と道具箱

財布の中身を、一度カラにするイメージ

12月19日に行われた

「lifehack cafe Osaka vol.1 in Umeda」

に参加してきました。GTDについてみんなでしゃべろうよ、というコンセプトだったと思いますが、結構盛り上がって本格的な勉強会の一歩手前ぐらいの内容になっていたのではなかったかなと思います。

iPhoneユーザーが多いはずですが、ノートユーザーの方もちらほらおられました。まあ何にせよ使い勝手のよいツールを使い込むのが重要ですね。

皆さんいろいろな「GTD」や「タスクマネジメント」に関する悩みをお持ちのようで、私のできる範囲でのアドバイス(みたいなもの)をさせていただきました。あと、それぞれ工夫されている点は非常に興味深かったです。

GTDの要点

GTDについて書き出すとものすごい量になってしまうので、原稿に追われている今はやめておきます。

ものすごく簡単に要点だけを書くと、

  • 何を収集するか→「頭の中身を」
  • 収集したものをどうするか→「それをどのように扱うか決める」
  • それをどうするか→「所定の場所にしまっておく」「必要時に参照」
  • そのあとはどうする→「定期的にレビューする」

これだけです。それぞれのステップに難しい動作(例えばトカチェフみたいな)は含まれていません。しかし、はじめから誰でも完璧にこれらができるわけではないと思います。ただし、そういった行為の「感覚」はつかめると思います。あとはその精度なり練度を上げていくというのがGTDを「身につける」ステップだと考えています。
※もちろん私はGTDの創始者ではないので、そういうのは全然違うという可能性もあります。

収集→整理のイメージ

例えば、収集も何度かやったことがある人ならば「さぁ収集するぞ」ぐらいのテンションで取り組むことができるかもしれませんが、まったく未体験の人にとっては「収集って一体何?」みたいな感じがするでしょう。この辺のギャップを埋めるのはなかなか難しいと思います。

誤解を恐れずに言えば、「小銭が一杯入った財布」の整理というイメージが近いかもしれません。

あなたのポケットに入っている財布。結構な量の小銭が入っていて、じゃらじゃらと音を立てている。というか、かなり重い。いい加減、小銭の量にうっとうしさを感じ始めたあなたは、一度机の上に全ての小銭を出してみる。さまざまな種類の硬貨が机の上にぶちまけられる。

とりあえずその作業をしているときは、小銭の選別はしません。とりあえず財布の中身を空っぽにするのが先です。

でもって、出てきたコインを種類別に分けようとします。いや、まてよ。まったく空はまずいな。明日使う分が必要だ。電車代(200円)とお茶も買わないと(150円)。あなたは百円玉3枚と、50円玉1枚を取り分けておきます。財布に戻してもいいですし、小さい小銭入れを準備して「明日分」というシールを貼っておいてもよいでしょう。

残りの硬貨は、種類別に分けてストックしておきます。500円玉は500円玉入れに、100円は100円にと、その硬貨が必要になったらスグに取り出せる環境ができました。選り分けていくと、記念硬貨がありました。サイズが違う上に、そういう硬貨はできるだけ使いたくありません。別の場所にしまっておきます。

よくよく見ると50セント硬貨も見つかりました。再来週アメリカに出張に行くので、その時には使いたいですが、その日まではまったく必要でないばかりか、明らかに財布の邪魔です。しかし、財布に入れておかないと忘れるかもと考えたあなたは、「1月10日」という出張の前日のラベルを貼って別に取り分けておきます。ついでに他の手持ちのセント硬貨も一緒に入れておくことにしました。

こういうのが「収集から整理」あたりの流れのイメージです。もし財布の中に未使用の切手が出てきたら当然「切手入れ」に入れる事になるでしょう。しかし、何かの封筒に貼るつもりで買った切手ならば、当然その封筒の近くに移動させるか、あるいはすぐに貼ってしまう事も出来ます。

要点は、それが「何なのか」は収集の段階では気にしないという事です。財布の中を空にするという行為は、財布の中を空にするという事以上の意味は持っていません。

で、出てきた物は「用途」に合わせて振り分けていくという事になります。

さいごに

GTDに関しての概念的なことはこのBlogなりメルマガなりでじっくり腰を据えて考えてみたいと思っています。が、他にも結構やることあるし、GTDに関してはマスタークラスの方がおられるので、私が出しゃばる幕でもないかな、という感じもしています。

まあ、自分なりのペースでじっくりと進めていきます。

▼関連エントリー:
「信頼できるシステムを作る」等、GTDのことについて色々と教えてもらった。(想造ノート)

▼こんな一冊も:

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 デビッド アレン 田口 元

二見書房 2006-05-18
売り上げランキング : 2849

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 デビッド・アレン 田口 元

二見書房 2008-12-24
売り上げランキング : 892

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法
ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法 デビッド・アレン 田口 元

二見書房 2010-11-26
売り上げランキング : 815

Amazonで詳しく見る by G-Tools

▼こんなメルマガも:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です