ほぼ日手帳WEEKSをだいたい一ヶ月間使ってみて

12月の頭から使い始めていた「ほぼ日手帳WEEKS」ですが、途中経過的なレビューでも。

過去エントリーはこちら。

まずは、使い方

以前のエントリーでも書きましたが、「執筆業務」を管理するためだけの手帳として使おうというのがとりあえずの目的。最終的に「物書き手帳」というのを自作したいので、そのたたき台という感じ。

メインはウィークリーページ。ちなみに見開き一週間のレフト型というがこのフォーマットの名称です。

レフト型ウィークリー

左のウィークリーの使い方としては、時間軸には執筆にあたった時間、日ごとのスペースには主にやった作業を書き残すという非常に簡単なログ。頭のチェックボックスはその週の目標的なものを。

右のメモページは、その週にこなしたいタスク。緑のペンで書いてあるのはちょっとした感想。その横に青字で書いてあるのは、執筆の際に心がけたいことなどを思いついた際に書き付けるという感じ。

ノートページ

で、手帳後半部分のノートページ。ここは「企画」を書き留める使い方。実際に走り出してはいないけれども、思いついた企画、誰かにふられた企画の概要を管理する使い方。適度に思いついたことがあれば追記していって、アイデアを暖めていくという使い方。

ノートページ
企画が走り出したら、これらを土台にして概要案を立てたり、目次案を立てたり、などなどの下地に使う。ページ数が多ければ、さらに膨らませていく事もこの手帳一本でできるだろうけども、さすがにこのページ数だと一年間は不安。あくまでパン生地作りまでの段階。個人的に縦長なのがいい感じ。

で、感想

書き心地、薄さ、軽さという点での使い心地はまったく問題ない感じ。紙の質も良いし、ペンの走りも良い。うるさくないデザインも長い間使う上では重要なポイントになります。

ただ、私の使い方だとこれ一冊ではかなり心許ない、というのが正直な感想。ウィークリーにしろノートページにしろ、日常的に思いつく雑多なアイデアを一年間分書き込むにしては手狭すぎます。結局+αのノートなりメモ帳なりを持ち歩かざる得ない状況。

もちろん、手軽に一週間を俯瞰できるというメリットはあります。これは「ほぼ日手帳」(ウィークリーなし)、「ほぼ日カズン」(手軽ではない)、にはなかったメリットです。

そういった点を加味すると、次のような「構成」を考える事ができます。

スマートフォン+ほぼ日WEEKS

メモなどは一切合切iPhoneで管理。その週に必要なスケジュールを書き写しておいて「スケジュール出張所」にする。特に社内でスマートフォンを操作するのがはばかられるような場合や電波が通じにくい場所に頻繁に出かけるという場合にはこういうのもありかな、と。

他の手帳+ほぼ日WEEKS

基本的に他の手帳を使っておいて、特別な目的のみにWEEKSを使うというパターン。目標や日課の管理として使うやり方。カレンダー・ウィークリーと基本的なものは一通りそろっているし、ノートページもそこそこのボリューム。特定の物事だけを管理していくには向いているかも。

ほぼ日WEEKS+ノート

WEEKSをメインにつかって、メモやノートページのボリューム不足はノートを合わせて使うというやり方。この場合、どこに何を書くのかという判断が必要になってきます。やや高度。

さいごに

基本的に使い心地は悪くない手帳なので、できるだけ使ってみたい感じはあるのですがこれを「メイン」にするには少々力不足感があります。特に普段ほぼ日手帳を使っているユーザーならば「書ける量の不足感」は否めないと思います。

ウィークリーはこのままでノートページがこれの3倍ぐらいあれば、これ一冊でいってみようという気がしないでもないですが、そんなこと言っても詮無いことです。

しばらくWEEKS使ってみた、正直な・本当の・心の底からの感想は「ほぼ日手帳オリジナル」が欲しくなった、という事です。4月始まり買おうかな・・・。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です