企画

Blog術企画を終えて

先週実施した「【企画】「あなたのBlog術教えてください!」企画第二回」ですが、大変多くの方から参加エントリーをいただきました。ありがとうございます。

頂いたエントリー記事を読んでいてつくづく感じたのは、「Blogの多様性」という事です。今回はこれについてすこし書いてみます。

正解なんて無い

ある程度人気のBlogになるコツというのは確かにあります。言い換えればある種のテクニックは存在しています。しかし、それは一つの選択肢でしかありません。

Blogを持つ人が、すべてアルファブロガーを目指す必要はないと思います。それぞれの人が自分のなりのブログの形を目指すのが一番です。そこには正解はありません。

今回、参加していただいたエントリーをずらっと読んでいけばそれがよくわかると思います。私が自分のBlog術だけを公開するのではなく、多くの方の参加エントリーを募ったのはそういう理由もあります。

「私のやり方が良いんだ、こうすればうまくいく」と書けば、おそらく書く方も読む方も「楽」かもしれません。しかし、現実にはさまざまな形のBlogがあり、それぞれの「成功例」があります。

ある人は苦労して、ある人は好き勝手やることで自分なりのスタイルを構築されてきているのでしょう。それを一切合切無視して、「正解」を決めるのはあまりにも乱暴です。すくなくとも開けたメディアであるBlogでわざわざそういう事をやっても仕方ありません。

人の個性や工夫が入り込む余地がまったく存在しないならば、Blogなんてものは本当に無価値になると思います。

自分と向き合うこと

それでも、無理矢理「Blog」について言えることを探すとすれば、つぎの3つのポイントがあるような気がします。

  • 個性的である
  • 自分の声で発信している
  • 継続している

いつもなら、ここで「では、この三点について見ていきましょう」となる所ですが、今回はやめておきます。企画参加エントリーをチェックしていけば、いちいち私が説明する必要などなくなるはずです。

早口な人もいれば、ゆっくり話す人もいる。大きな声の人もいれば、ささやくような声の人もいる。じっくり考えてから思いをポツポツと出していく人もいれば、感情のままに思いをはき出す人もいる。どんなやり方であっても、それが「自分自身のスタイル」にさえ合致していればOKなのだと思います。

そして、逆に言えばBlogについて考えることは「自分自身のスタイル」って何だろうかと、考えることにもつながってくるような気がします。

さいごに

私の基本的な願いは、情報発信をする人が一人でも増えること、です。その中には私と関心事が重なる人もいれば、まったく重ならない人もいるでしょう。まったく重ならない人だって、別の人ならば大いに重なるかもしれません。その重なりの中でつながりが生まれ、それが「場」を生み出していく。

その「場」は現実社会からの逃避先ではなく、現実の別の選択肢として立ち上がってくるはずです。大げさな事をいってしまえば、それは高度経済成長の中で日本の地域社会が失ってきた「生き方の中の多様性」を担保するものになってくるでしょう。

ま、そういう話は置いとくとしても、Blogを運営するのは楽しいことだし、いろいろなBlogが存在しているというのも嬉しいことです。あんまり身構えずに、そしてちょっとした意志をもってBlogを始める人が増えたらいいな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です