物書き生活と道具箱

4つのコツから振り返る、文章執筆の進め方

Blog更新の際にネックになるのは、「時間」ですね。まあありとあらゆる行為のボトルネックは時間なわけですが、だからこそBlogの更新に掛ける時間を減らしたいと考えている方もおられるでしょう。その鍵を握るのは「文章を書く速度」です。

ライフハッカーさんで次のような記事がありました。

ライティングスピードを向上させるための4つのコツ(ライフハッカー[日本版])

4つのコツとは、

1: メインとなるアイデアを洗練させる
2: 効率的に書くためのツールを利用する
3: 一気に書く
4: ライティングスキルを磨く

この四点。さて、この4つのコツをどれだけ押さえられているか自分で検証してみます。

1: メインとなるアイデアを洗練させる

ライティングを遅くする最大の原因は、伝えたいこと、書きたいことがわかっていないことです。

その通りですね。

この場合のポイントは、

  • 誰に
  • 何を
  • どんな風に

伝えるのか、を明確にすることです。枠組みを作ると言い換えてもよいでしょう。これがあるとないとでは文章の作成スピードは大きく違ってくると思います。

誰に

どんな人にそのことを伝えたいのか、ということ。情報を欲しい人なのか、知識を欲しい人なのか、暇つぶしの読み物なのか、基本的知識は持っているのか、流し読みされるものなのか・・・考えることはいくらでもあります。

続けているBlogの場合は「想定読者」が結構はっきりしているのでこの辺を追求したりはしません。始めたばかりの頃よりも、続けていくと確実にはやく書けるようになります。

対して本を書く場合は、結構じっくり考える必要があります。長期的なアウトプットになるので、「誰に」を始めに明確にしておかないとブレてきて、結局編集に時間がかかるということもありえます。

何を

中心となるメッセージです。Blogの場合は、1記事で一つが理想です。もちろんそこから外れることを書いてはいけないのではなくて、あくまで土台をどこに置くのか、という事です。

例えばレビュー記事の場合、「基本褒めて、ちょっとけなす」とか逆に「凄くけなすけど、ちょっと褒める」とか、そういった構成のバランスを考える際に中心となるメッセージが見えていないとちぐはぐになりがちです。

私の場合は、この「何を」を深く考えずに書き出す事が多々あります。結構それでも筆が進むのです。が、それでも一度書き上げたあと「この記事のメッセージって一体なんだろうか」と問い掛けながら後で編集します。そこで追記して膨らませたり、あるいは邪魔なところはばさっと切り落とすという選定作業を実施するわけです。

つまり、はっきり明確にできるならば書く前に、そうでないならば、とりあえず書いてみた後で明確にする。こういうちょっとした試みが「読みやすさ」とか「わかりやすさ」につながってくると思います。

どんな風に

これは、はっきりとした構成ですね。私のBlogだと、話の持って行き方。見出し・小見出しのつくり方などにあたります。

これもあらかじめ決めておく(アウトラインを作成しておく)と筆の進みはおそらく速くなるでしょう。が、私の場合あまりかっちり決めると「飽きて」くるので、あんまり厳密には決めません。かなりラフなラフスケッチを紙に書くか、頭で想像するかのどちらかが多いです。

2: 効率的に書くためのツールを利用する

現状はATOKオンリー。単語登録を使いこなす、といったところですね。とりあえずぶっちゃけると、前の本を書いたときにはWindowsにはATOKが入っていましたが、MacBookくんはことえりだけでした。これでもまあなんとかなるものです。弘法は・・・ではありませんが、一応テキスト入力できて、漢字変換できて、単語登録可能ならば、原稿用紙に手書きで書くよりははるかに効率的です。

3: 一気に書く

これは、私の基本になっています。

細切れに文章を書いていくということをほぼしません。もちろん本の執筆は長期間に及ぶものですが、「15分だけ文章を書く」ということはしておらず、「1時間」や「2時間」といった時間を確保してから取り組みます。以前セミナーで「時間の分割払いは金利が生じる」といったことを述べましたが、少なくとも私が文章を書く場合において、細切れで書くと確実に総合的な時間の支払い量は増えます。

なぜかというと、いちいち前の分を読み直す必要がでてくるからです。

ある程度まとまった時間で書き続けている間は、文章の流れが漠然とでも頭の中に残っているので、流れに沿った文章を書けます。しかし、細切れで書いていくと、着手し始めるごとに「えっと前の話はいったいなんだっけな・・・」と読み返してから書き始めなければいけません。この辺は事前にアウトラインをきっちり決める人か、そうでないかで実態は変わってくるとは思います。

とりあえず、私の場合は「一気に書く」は基本です。

4: ライティングスキルを磨く

数をこなせ、ってことですね。実際、文章教室に通う必要すらないと思います。沢山の文章を読んで、毎日まとまった量の文章を書いていれば、必然的に速度はあがってくるでしょう。人間の脳の適応性を考えれば、それほどおかしな話でもありません。あと、単に書くだけじゃなくて読み返して添削することもやっておくとより効果的だと思います。

私は中学生ぐらいのころから、ワープロ(パソコンの付属ソフトではない)のキーボードをパタパタと叩いてました。

さいごに

今回はライフハッカーさんの記事を元にしながら、自分の文章書きのスタイルを振り返ってみました。別段特殊なことは何もしてませんね。皆さんが驚くような技術も持ち合わせておりません。それでもまあ、書けてしまうのが文章の凄いところです。医療技術だとこうはいきません。

▼こんな一冊も:

心臓外科医の覚悟 角川SSC新書 医師という職業を生きる (角川SSC新書)
心臓外科医の覚悟  角川SSC新書  医師という職業を生きる (角川SSC新書) 山本 晋

角川SSコミュニケーションズ 2011-01-08
売り上げランキング : 2843

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2件のコメント

  1. いつも、本当に参考になる記事、ありがとうございます。
    なかなか時間の自由の利かない身ですが、ブログの記事は一気に書いた方が、楽ですね。
    ここまで、書いて、後で~と思うと、何だか結末まで違ってくるようなことも。
    勉強になりました。

  2. >ときどきぷろぐらま。さん
    コメントありがとうございます。大した記事ではありませんが、何かのお役に立てていれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です