物書き生活と道具箱

デイリーマインドマップを始めてみた

※諸処の事情により、一週間ほど超簡易更新です。

最近読み込んでいる『ポモドーロテクニック入門』にデイリーマインドマップが紹介されていました。

これは、一日の終わりに「その日」をレビューするためのものです。

 紙の中央に、その日の話題を表すイラストを描きます。今日話題にしたのは何だったでしょうか? 今日、同僚ともっともコミュニケーションを取った話題は何でしょうか? 今日、もっともバツを記入したアクティビティのキーワードは何だったでしょうか?
(中略)
このように、多くの答えが考えられる質問を投げかけます。最初に思いついた中から、「これだ!」と思うものを一つ選び、その日の話題とします。
 話題が決まったら、色付けされた枝と小さなアイコンを使って、自由に連想してマインドマップを描いていきます。

なかなか楽しそうです。

一日を振り返る

私も、一日の終わりにほぼ日手帳に「文章」でその日の出来事を記しています。10分ほど時間を取っていれば、結構いろいろな事が書けます。誰に読まれる文章でもないわけですから、非常に気軽です。よほど忙しいとき以外は、毎日これを書いています。

であれば、これをマインドマップに置き換えてみることも原理的には可能です。こういうのは、ちょっとやってみようかなと思って、実際に簡単にできるならば一度はやってみるというのが個人的なポリシーです。
※まったく無駄に終わる可能性もあちらこちらには潜んでいますが。

とりあえず、本格的なマインドマッパーではないので、絵やアイコンを使わずに、黒一色で単純に中心から連想を広げるというやり方で一日のレビューをやってみました。こういうのは、あまりリキんでやり始めないのが得策です。肩の力が入ると、長続きしません。
3月21日

基本的に、文章を書く方が好きだし得意でもあるのですが、マインドマップっぽくやってみるのもなかなか楽しいです。単純に数字と実績の記録を残していくのもアリなんですが、連想を広げて書いていくやり方もまた別の楽しみがあります。

3月22日

まだ書き始めたばかりなので、枝の伸ばし方があまりイメージできていませんが、例えば、仕事についてとか、娯楽について、家族について、運動について、食事について、など、一度書き出してみるといろいろな連想が湧いてきます。

ほぼ日手帳カズンの下のスペースを余らせている方がおられるならば、こういう使い方も一度試してみるのもよいかもしれません。

▼こんな一冊も:

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門
アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門 Staffan Noeteberg 渋川よしき; 渋川あき

アスキー・メディアワークス 2010-12-16
売り上げランキング : 11317

Amazonで詳しく見る by G-Tools

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座) (トニー・ブザン天才養成講座 1)
マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座) (トニー・ブザン天才養成講座 1) トニー・ブザン 近田 美季子

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-12-20
売り上げランキング : 5274

Amazonで詳しく見る by G-Tools

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です