企画

ささやかな質問21

本日は連続で。

「日中関係改善のため首相の『靖国参拝』は規制すべきでしょうか?」

15件のコメント

  1. 久しぶりに参加~。
    一国の代表が、「ある目的」のために参拝するという状況で、他国が「ある目的以外の理由を持ち出して反対」しているのであれば止めるべきではないと思います。
    もし、代表が掲げた「ある目的」がその国に対して甚大な被害をもたらすものなのであれば、止めるほうがいいと思います。

    結論:今回の、中国との係わり合いは、前者だと思いますので、止める必要はないと思います。

  2. はっきり言って内政干渉だと思いますが、近隣諸国との関係も悪くなるので、
    私は控えたほうがいいと思います。
    しかし、このネタで日本はいつまで引っ張られるんでしょうかねぇ・・(ためいき)

    ところで、業務連絡です。
    どぶろぐ同期会の正式名称が決まりました。
    バナーもありますのでよろしかったら取りに来てくださいませ~m(__)m

  3. >CAMUSさん
    お久しぶりでございます。
    非常に簡潔でわかりやすいお答えありがとうございます。
    日本側から見ると、中国がとりあえず文句言っておけという風にしか見えてこない、って感じですね。とりあえず。

    >MAMOさん
    首相個人の考えで、控えるのか、そもそもそれを「規制」するのかっというのは結構違うわけですが、このネタはおそらく日本政府がはっきりとした態度を取らない限りは続いていくと思います。

  4. なんで「首相」が「神社」に「公式」で「参拝」するのか、よくわかりません。
    個人で行くだけなら、どうぞご自由に、ですけど。
    政治と宗教は別もんじゃーなかったですか?

  5. 参拝に賛成です。

    ただ、小泉さんはもっと説明しなくてはいけないと思います。
    それこそ、日本人の宗教観から説明しなくてはいけないのではないでしょうか。

    現状で、両者がいがみ合っているのは、少なからず両者の理解不足が
    原因になっているように思えます。

    談話とか、中国語とハングル版でも出すくらいの事は最低しなくは。

  6. >まゆみさん
    確か総理は、あくまで「個人」として参拝しておられるつもりだったと思います。

    >デデさん
    問題は、日本人そのものが自分たちの宗教観というものをあまり理解していないということかもしれませんね。そういうのを他者に説明する必要がなかったらなんでしょうけれども。

  7. 「理解」してもらうのは無駄な努力でしょう。
    帝国時代にやったことは、中国や韓国にとって「許す」メリットでもない限り、「許す」
    ことなどありえません。

    例えば、原爆を落としたことを、今の日本人は許したことにしてますでしょうか。
    アメリカが友好国であろうと、最終的にそれに対してはノーではないかと思います。
    誰も「許容」はしてません。

    ましてや現在、感情的には友好でない中国や韓国が相手のことです。
    日本は謝り続けるしかありません。
    それは仕方のないことでしょう。
    であるならば、首相の靖国神社参拝も単純な損得から考えていいと思います。

    その場合の私の結論は、「参拝は規制すべき」です。
    何だかんだいって、中国と友好的にすることには経済的なメリットがありますし、
    現在の私達はそれを享受した上にいますので、関係は良くしておくに越したことは
    ありません。

  8. >karesansuiさん
    ただ、問題は靖国を規制しても中国・韓国は仲良くしてくれないのではないか、という心配があるってことですね。

  9. まあ、彼らの突っ込みどころを減らしておくに越したことはない、くらいの意味です。
    こんな詰まらんことを「カード」にされるのはもったいないことです。
    韓国ともめてる竹島とか中国ともめてる海底油田について強く出るためには、こんなしょもないことで突っ込まれる余地を残すのはどうかと思います。

    別に、仲良くする必要はそんなにありません。
    「仲の良いふり」をする必要はあると思いますけど。
    で、もめてるようなことについては、彼らに「名」を取らせてあげて、こちらは「実」をいただければ良いことです。
    最も、彼らに「名」を取らせたら、国内世論は沸騰しそうですけど。

  10. 規制する必要はないと思います。
    でも、コソコソするのだけはやめておいた方がいいです。
    どこかの国の常套句の「内政問題」なんやから、
    堂々と参拝したらいいんです。
    小泉首相はコソコソするからいけないのです。
    どっかの国がなんだかんだ言ってきたら、「内政の問題やから口出すな」と言ってやればいいんです。
    どっかの国も、台湾やチベット問題を「内政問題」にして踏み絵にしてるんですから。

  11. >karesansuiさん
    最悪なのは、「名」もとられて、「実」もとられるという事態ですね(笑)
    たぶん、みなさんあまり政治家の「手腕」というものを信頼しておられない、ということなんでしょう。

  12. >パルプンテのぶさん
    すくなくとも、小泉さんは公約として参拝を掲げていましたから、彼が行くのは当然というところですね。

    しかしながら日本のメディア(特にいくつかの新聞社)はキレーにチベット問題をスルーしていますね。それも中国と仲良くするための国是なんでしょうか・・・。

  13. 靖国神社とサンフランシスコ講和条約の歴史

    これも昨日、夜中にテレビのチャンネルを変えていたら筑紫さんが司会のニュース23に元・警察庁長官、元・内閣官房長官のあの「カミソリ後藤田(後藤田正晴)」さんがイ…

  14. はじめまして、Rashitaさん。

    Doblog内で靖国関係のことについて調べていてこちらのBlogにたどり着きました。

    小泉総理の靖国参拝問題は内政問題とだけで見るのは不十分で、サンフランシスコ講和条約からの日本がアジア各国と取り決めてきた約束事があるために「いかなる公人」の参拝はすべきではないと思います。

    確かに中国にはたくさんの問題がありますが、自分達の約束を棚に上げて中国に文句を言うことはできないと思っています。

    参考のためにトラックバックしました。

    サンシン

  15. >enter10さん
    ご丁寧にどうもありがとうございます。

    私の認識では、日本側の靖国の問題と中国側の問題がちょっとズレているのが、この問題がすっきりしない要因だと思います。

    その他細かい内容については記事にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です