物書きと道具箱

読書カードを作るのに使ったアプリ

昨日のエントリーで「読書メモ」の画像を紹介したところ、

内容もさることながら、iPadで作成と思しき読書メモが良い感じ。アプリが気になるわー。>>レビュー 「日経ビジネスアソシエ 07/19号」特集 〜ユニクロ、「ほぼ日」の”現場力”〜 http://bit.ly/ozbVhx @rashita2less than a minute ago via Read It Later Favorite Retweet Reply

というコメントをいただきました。今回はこのアプリの紹介。

過ぎ去ったアプリ

最初にお断りしておきますが、すでにこのiPhoneアプリはダウンロードできません。期間限定で公開されていたものです。

そういうアプリの紹介をしても、あまり意味がないかもしれませんが、もしかしたらアプリ開発者の方のインスピレーションになり得るかもしれませんし、3ヶ月後ぐらいに私がこのエントリーを読み返して、「そうだ、こういうアプリを作ろう」と思うかもしれないので、とりあえず書き留めておきます。

名前は「デジキャビ」。詳しくは「デジキャビ - ウメサオタダオ展iPhoneアプリ」あたりを。

1000002034

機能紹介

起動するとこのような画面になります。

1000002035

右の方にボタンがあり、基本は手書きペン。下にキーボードで、その下にカメラボタンがあります。「やりなおし」は全てを削除し、「保存」は画面を写真ロールに保存します。基本的にこれだけ。

※キーボードボタンを押したところ
1000002037

消しゴムもなければ、ペンの色の選択なども一切ありません。本当に、情報カードとボールペンを持ち歩いている感覚です。

写真を撮影した後は、場所の移動や回転・拡大縮小ができます。これが地味に便利。画面一つに写真は一枚だけ。写真がある状態でカメラボタンを押すと、前のものが消えます。

※写真を追加
1000002038

※二本指でらくらく編集
1000002040

前回のエントリーで紹介したメモは、赤線を引いた部分をカメラで撮影し、その後手書きペンで自分なりの要約を入れる、という行程で作りました。

「撮影」→「メモ」→「保存」→「撮影」→「メモ」→「保存」・・・・の繰り返しです。高機能でない分、単純な作業ならばサクサクこなせます。

終了したら、それをPictShareを経由してEvernoteへ。

※保存を押したところ
1000002041

※Evernoteにできたノートの画像
1000002042

※昨日使った「読書カード」群
evevernoteの画面

さいごに

ちなみに、こういう読書メモの切り取りとは別に、それぞれのページはスキャナにかけてページ全体を保存してあります。

こういうのは「二度手間」なのかもしれません。単純に、付箋で要約をかいて、それをページに貼り付け、スキャンすれば、上のような行程ははぶくことができます。が、そうすると「後の使い勝手」が著しく悪くなるんですよね。

「Evernoteには重複するデータが入っていても気にしなくてOK」の精神のもとで、必要に応じて元データと加工したデータの二つ(あるいはそれ以上)を入れるようにしています。

そういえば、「読書メモを取って、Evernoteに保存するためだけに最適化されたiPhoneアプリ」というのは、多分まだないですね。これも考えみると、細かいニーズがたくさんありそうです。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」仕事術
EVERNOTE「超」仕事術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2010-08-18
売り上げランキング : 3427

Amazonで詳しく見る by G-Tools

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 6973

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す