Sharing is Power! / Create your own way.

次世代DVDの交渉は決裂しました。

次世代DVD:HD、BDの両陣営、規格統一を断念

現行のDVD(デジタル多用途ディスク)より容量が大きい次世代DVDについて、製品の規格統一を目指し交渉してきた東芝などの陣営とソニー、松下電器産業の陣営が、統一を断念したことが23日、明らかになった。これにより、互換性のない2規格が並存することが、確定的になった。東芝は年内にも自社陣営の規格を使用する再生機を発売し、ソニーも来春に別の規格で製品を発売する計画。ビデオの「VHS対ベータ戦争」が再現されることになり、消費者には不便な状況を招きそうだ。

消費者の立場としてはやはり統一されたほうが良かったし、またメディアの混乱からこの市場がイマイチもりあがらないんではないかな、という懸念もあるが、まあソニー側がきっと折れないだろうなと思っていたので、この結果がそれほど意外でもない。

おそらく、私はWindowsマシンはバイオを使い続けるし、きっと安くなったPS3もいつかは購入するだろうから、次世代DVDはBDとの付き合いになっていくだろう。
バイオはともかくとして、PS3の需要というのは結構あるだろうから、潜在的にBDの強みというのはある。

流れとしては、やはりPS3をもちながらDVDプレイヤーでHDを買うというのが支流になっていくのではないかな、と思う。
しかし、コンテンツごとにいちいちプレイヤーを変えなければいけないというのは、あんまり便利とはいえませんね、しかし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です