Sharing is Power! / Create your own way.

05総選挙 公約をつまみ食いしてみる

各党の公約をちょっとのぞいてみた。その感想など。
新たにできた国民新党。
公約の一文目が
真に国民の国民による国民のための政党を目指します
正直に言って、国民の側の意識がそれほど高まっていなければ国民による国民のための政治なんて実現できないのではないかと思う。批判とかではなく。

その他の公約も、非常に大雑把かつ曖昧で、方向性を示してはいるが、具体的にどう動くのか、数値の目標は、ということは示されていない。
どうしても今までの自民党的手法を守ろう、という風にしか受け取れないのだが、それが真意なのかどうかもわからない。今までの日本の政党公約的公約である。

続いて新党「日本」。
今日まで(8月27日)で、公式サイトに公約は発表されていなかった。いまだ準備中というか、やはり選挙のための政党という色合いが見えてきて仕方ない。まあいろいろ調整に時間がかかるだろうし、今後の発表に期待。ということ。

社民党と共産党、それに公明党はとりあえずパス。理由もパス。

自民党の公約は前面に郵政民営化がアピールされている。郵政民営化=小さな政府という展開で、改革を主張している。が、小さな政府の実現が国民の生活を豊かにすることに直結するわけではない。そのことはきちんと理解しておかなければならない。

自民党からの120の約束というものもある。
テーマを5つに絞っている。
【日本の改革】【国際競争力・成長分野】【安心・安全】【われわれの子どもたち】【世界の中の日本】の5つのテーマだ。
ただ、郵政民営化で小さな政府をアピールしているにも関わらず、これら120の約束を見る限り、それが他の動きに関連していくかどうかとなるとちょっと雲行きが怪しい。
教育の問題やニートの問題も政府が関われる部分というのがごく少ないのではないかと私は思うし、結果的に学校や保護者がある程度責任と権限を持って行動していくしかないのではないかと思う。少なくとも国が何とかしてくれるという認識では決して解決できない類の問題であると私は思う。

こういう点でとりあえず自民党は今回の選挙を郵政一本に絞ってくるだろう。
他の点で議論されるとけっこうつらい部分もあるだろう。その辺は投票する側にとってもなかなか難しい点である。

で、民主党。
とりあえず前回までの選挙では私は民主党を応援していたが、とりあえず今回の選挙ではかなり分が悪いと言うしかないと思う。公約は”8つの約束”と表している。
が、サイトからコピペができない(画像である)ので大まかにまとめてみる。
1国家の無駄遣いをなくす
2年金の一元化 社会保険庁の廃止
3学校改革 「子供手当て」
4地方分権の推進及び予算
5自衛隊のイラクからの撤退
6農業 自給率の改善
7道路公団の廃止 高速道路の無料化
8郵貯・簡保の縮小 全国一律郵便サービスの維持
と、大体こんな感じである。
1~5までは良い方向性を示していると思うが、6や8が違和感として引っかかる。
正直、郵貯や簡保を縮小したところで、それが作られてきたシステムを改善しない限りはほとんど意味がないように思える。郵便のサービス維持というのは非常に耳障りが良いが、果たしてそれで守られるのは一体何なのかきちんと判断しなければいけない。
あと、自給率の改善を目指すならば、この国は経済成長を断念しなければいけない、というのは少々言いすぎかもしれないが、今の日本がたどっている道とは違う方向性な気がしてならない。まあそのあたりはいろいろあるのだろうからこれ以上は突っ込まない。
子供手当てというのはなかなか面白いと思うが月額1万6千円の財源はどこから出てくるのだろうか。年金の問題も含め、大きな税制の改革と社会保障の制度と絡めて育児の問題というのは広い視野で議論されてしかるべきものであろう。

まあ、このような点は今回の選挙ではほとんど争点にはならないだろう。
郵政の問題について言えば、投票率が高ければ、自民党が勝利するだろう。
が、それが過半数を獲得できるかというと、まあ無理であろう。それが自然である。

結局、もはや日本国民全員が、豊かで安心して、満足し、高給をもらい、適度に仕事をし、家族を持ち、家をもち、安定した職業に就くということはありえない情況である。
特定の政党が政権をとれば、利益を得る塊(と表現するしかない)もあるだろうし、またその逆もある。

政策の責任は本来議員が取るべきだし、その議員を選んだ責任は国民が取る。民主主義では当たり前のことであろう。

国民が自らのメリット、デメリットを見て政党を選択し、投票するというスタイルが構築され始めている、のかもしれない。・・・。かも、ではあるが。

取り上げた政党のサイト
国民新党
新党日本
自由民主党
民主党

5 thoughts on “05総選挙 公約をつまみ食いしてみる

  1. えっと、自民と公明が組んでいるわけですから、公明の公約はあった方が良いかと。
    自民が小さな政府を目指すなら、公明と組むというのはありえないはずなんですけどねぇ。

    私が自分のBlogに政治の話題をあまり書かないのは、公明がらみで暴走するのを防ぐため、だったりします。

  2. >karesansuiさん
    ご指摘ありがとうございます。しかしながらポリシーというほどのものではありませんが、なるべく公明党はスルーという方向で行きたいので、パスさせていただきます。
    不十分な対応かと思いますが、一応個人の限界地点ということで・・・。

  3. まあ、公明党はあまり攻めたくない人が多いですよね。
    いつどこで後ろから矢が飛んでくるか分かりませんし(笑)。

  4. 確かに、そうですね(苦笑)。
    うちの実家の選挙区も、自民じゃなくて公明が候補を立ててまして(以下略)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です