Sharing is Power! / Create your own way.

孤独な自殺者

自殺者:7割が誰にも相談せず 厚労省研究班調査

自殺者が7年連続で年間3万人を超えている。残された遺族の困窮も社会問題になり、防止策を求める声は高い。ところが、自殺した人の7割が「誰にも死にたい気持ちを相談していなかった」ことが厚生労働省の研究班(主任研究者、保坂隆・東海大医学部教授)の調査で分かった。どうすれば兆候に気づき、相談しやすい環境をつくることができるのか--。

この調査結果もちょっとどうかと思うが、ともかくとして自殺者が「孤独」な状態にあった割合は高いだろうな、という気がする。

記事からもう少し引用する。
主任研究者の保坂教授(精神医学)は「自殺者の多くはうつ病と思われる。決して本人が悪いわけでも、弱いわけでもない。すべての医師が、うつ病の知識を深め、兆候のある患者を診療した場合、本来の治療だけでなく問診したり助言することが重要だ」と話す。

ここでは、どうやってうつ病の自殺を止めることができるか、というようなニュアンスで語られているが、そもそも、軽い程度であれうつ病患者が増えているのはなぜなのか、そしてそれを防止するのはどうすればよいのか、というような設定はないのだろうか。

心理的なプレッシャーやストレスの多い社会環境、あるいは未来を展望できない経済状況、とうつ病へ落ち込む要因は今の日本にたくさんある。おそらくアメリカでも似たような状況なのではないだろうか。(日本がアメリカを追従しているとも言える)
しかし、アメリカにおいては精神科医というのはかなり身近なもので、お金を持っている人間はストレスをためたら、カウンセラーに相談するし、そのことに心理的抵抗感もないのだろう。

日本においては、そういう状況に陥った人間には逃げ場所がない。特に年齢が高い世代は精神論がもてはやされている。
そういう社会では、多少のストレスでカウンセラーに相談すること事態に、ストレスを感じてしまうのかもしれない。

自殺ということを考えると、どうしても”人はなぜ生きていくのか”というような哲学的な問いに頼りたくなってしまう。しかし、その問いには明確で正しく永続的な答えなどはない。そのような問いから開放される瞬間は、やはり人と人のつながりを感じているときではないだろうか。あるいは自分のことを忘れるくらい何かに熱中しているときもそうかもしれない。

孤独で、孤立していて、何もすることがなく、未来に希望を持てない人間を自殺から救うことは他人にはとても難しい。人間は一人で生きていくにはあまりにも弱い存在である。

人間が自殺する権利があるか、どうかというような問いとはまったく別に、誰かが自殺したと聞くとやはり気分が落ち込んでしまう。その中にはやはり”人間”というある種の連帯感があるからなのかもしれない。
おそらく今の社会ではそういうものがなくなっている、というのではなく、ただ見えにくく意識しにくくなってきているのだろうと思う。

そういう点で、Blogができることがあるかどうかというのをしばらく考えてみたいと思う。

3 thoughts on “孤独な自殺者

  1. パンジーが、。。。そのときには。。。Rashitaさん、BLOGでたすけてください!
    よろしくおねがいします m(。。)m
     

  2. しょっちゅう死にたくなる衝動に駆られる私としては、語りたいことは山とあるのですが…(爆)
    死にたくなる衝動をどう抑えているかというと、自分が死んでしまった後、自分が残したものの後始末を想像すると、その後始末を人にさせるのが不憫になり、不思議とどんなに死にたくなってももうちょっと何とか生きて後始末をしなくてもよいようにしてみようと思うのです。
    で、死にたくなる前に、死ななくてもよいよう、後始末の面倒になるようなことを残しておいて、死ぬ防止策を自分で作ったりするんです。

    でも、実際に自殺してしまうヒトというのは、自分の死後のことに想像が及ばなかったり、及んでももうどうでもよくなったりする人なんだろうな、と思うのです。
    そういう人たちを助けるためには…どうすればいいのでしょうね。
    ヤッパリ自己の人に対する思いやりの心を育てるのが一番とは思うのですが、それが難しいんでしょうね。

  3. >pansy_ikukoさん
    何かできることがあればいいのですが・・・。

    >CAMUSさん
    心が他とつながっていないと、自殺を止めるのは難しいのでしょうね。このあたりはなかなか難しいところですが、少なくとも自分の身近にいる人間に関して何かできることがあるのではないかな、という感じはしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です