Sharing is Power! / Create your own way.

夏の課題、それは読書感想文

8月31日である。今日で8月も終わり、やれやれ、である。

これが学生時分だと、家にこもりっきりでひたすら宿題に追われているか、あるいは全てを放棄して遊びほうけているところである。

そういえばゆとり教育が叫ばれる中で、今の中高生などは宿題などは出ているのだろうか。まさかまったくないということはないだろうが、量は減っているのだろうか?
大体、夏休みの宿題なんて、学生はほっといたら遊びほうけるだろうから大量に課題でも出しておけ、というよう学校の狭量な判断なので、やる側としては馬鹿らしいことこの上ない。
まあ、提出した宿題をきちんと評価する先生は大変だろうが。

そういえば、夏休みの宿題で嫌いなものといえば、読書感想文と自由工作である。
なにせ、この二つの宿題には、必殺「他人のを写す」が使えない。日記などは、持ち前の創作力でなんとなるものの、この二つはちょっとつらい。

自由工作などは、雑誌などで「こういうのもあり」というのが大抵この時期に紹介されるのでまあそれをそのままパクればよい。だいたい誰が作ったのかわかりゃしない。

と、なると問題は読書感想文である。何を隠そう高校生になるまで私はこの感想文が嫌で嫌で仕方がなかった。字数制限すらなければ、常に「面白かった」の一文で終わらせていたところである。

大体夏のクソ暑い時期に、興味も持てない本をただ感想のためだけに読む、という行為が苦痛である。大抵課題図書で上げられている本はそういう本が多い。
一度など、まったく本を読まずにタイトルから内容を想像して感想文を書こうか、と思ったほどだが、そっちのほうが疲れそうなのでやめた、ということもある。

まあ、大抵の人間が苦手な読書感想文だろうが、そういう時に繰り出される技は、やはり「あらすじ書き」であろう。とりあえず、本文の中から引用しまくり、ひたすらその物語がどのように展開して言ったかを書き綴る。これでかなり行数が稼げる。それでもまだ原稿用紙に余白があるならば、奥義「あとがき写し」である。

こうなってくると、感想文なんだかわからなくなってくる。今でも大抵の学生がこの二つの技を駆使しながらなんとか読書感想文という試練を乗り切っているのではないか、と推測する。

しかしながら、不思議なもので大抵クラスに一人くらいは、きちんと本を読み、考え、読書感想文的読書感想文を提出する人間がいる。優等生的優等生である。で、またその感想文がコンクールなんかで一位をとってしまうわけだが、本人はそんなことを自慢するそぶりもない。まるで、できすぎ君である。

しかし、そのできすぎ君が将来文筆の道へと進むか、というとまったくそうでないパターンのほうが多い。感想文を書くのと、小説を書くというのはまったく違った能力なのだ。

もちろん、このようにグタグタとBlogを更新するのもまた違った能力であるのはいうまでもないことではある。

4 thoughts on “夏の課題、それは読書感想文

  1. 夏休みの宿題 読書感想文

    いよいよ 宿題 追い込みだ!
    毎年残るのが 読書感想文。原稿用紙3枚が どうしても 壁になるらしい。。。
    本人いわく 1200字、原稿用紙3枚は 難関らしい。
    せいぜいかけて1枚半・・・そこから 詰まっている。
    今年の課題図書から この夏は 彼は 犬ぞりの少年を 選んだ。 
    病気のおじいさんの世話をする ウィリーは 農場を守るために 犬ぞりレースで
    賞金稼ぎのため 無敵な 先住民に いどむが・・・
    1番になれたが 手前わずかのところで 愛犬は 心臓破裂で 死んでしまう・・・ 
    その愛…

  2. あははははは。。。
    今日は、なんか爽やかでいい感じ。。。
    ありがとうございました
    合掌!
     

  3. 私は、読書感想文については「本とはあまり関係ないことへと転論する」という秘奥義を見つけたので、そんなに苦労しませんでした。

    例えば、「羅生門」は「エリート芥川龍之介の心の闇を描いて…云々」など。
    世間的には、「こじつけ」と言うらしいですが(汗)。

    むしろ、工作の方が苦手でした。不器用なもんで。
    今でも、牌をポロポロ落としてます(違)。

  4. >pansy_ikukoさん
    どうも、ありがとうございます。
    ほんまはこういう文章書くほうが好きなんですけどね・・・。

    >karesansuiさん
    なるほど、そんな秘奥義もあったんですね。メモっておきます(笑)

    ちなみに牌はあまり力を入れずに柔らかく持つと扱いやすくなります(違)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です