7-本の紹介

【紹介】「EVERNOTE HACK」(篠塚 充)

私の一冊目『Evernote「超」仕事術』と二冊目『Evernote「超」知的生産術』を出版してくださっている、C&R研究所さんからEvernote関係の新刊が出るようです。献本を頂いたので、ちょっとご紹介。
※アマゾンでは8月10日が発売日になっています。

ちなみに、今まで見た中で一番分厚いEvernote本です。同出版社さんの『Android SDK逆引きハンドブック』も相当に分厚い感じの本ですが、この手の本だと「自炊」欲求が湧いてきますね。

内容は「テクニック集」という感じ。そういう意味で私の本とは方向性が違います。章立ては以下の通り。

CHAPTER 01 モバイルで素早く情報収集するテクニック
CHAPTER 02 効率的にデータを収集するテクニック
CHAPTER 03 Webにある情報を収集するテクニック
CHAPTER 04 収集したデータを整理・管理するテクニック
CHAPTER 05 収集したデータを探し出すテクニック
CHAPTER 06 データ活用のテクニック
CHAPTER 07 知っていると便利な使いこなしテクニック

これに基本操作の説明が巻末についています。

ハードなEvernoteユーザーはご存じのテクニックが大半でしょうが、もしかしたら知らないものもあるかもしれません。

なかなかマニアックだなと思ったのがCHAPTER 04の「ノートを色分けして管理する」の項目。私もHTMLファイルで色つきや表組み付きのノートを作成し、テンプレとして使っています。

単にウェブクリップ置き場として使っているだけではまったく不要ですが、いろいろなメモやノートを集約して使うとなると、こういう見栄えを変える機能はなかなか重宝します。

HTMLファイルを作成して、ボディタグのbgcolorを指定するだけで、簡単に背景色を好みの色に指摘できます。と、書いてみましたがhtmlを扱ったことが無い人にはさっぱりですね。またこの辺もブログで書いてみましょうか。

個人的には、こういうマニアックなEvernoteの使い方を集めた、Evernoteマニアックスというコンテンツがあれば面白いなと常々思っています。もう一個逆向きの方向で、Evernoteのアカウントを取得してから、生活になじむまでのガイドライン的な入門書があっても面白いですね。まずは、Inboxノートブックを作りましょう、とかそういうの。

本の紹介しようと思ってましたが、全然紹介になってませんでした。

基本的な機能だけではなく、SNSへのノートの共有やノートリンク機能の紹介など、新しい機能もばっちりフォローされてます。あと、「tarpipe」というウェブサービスを使ってメールを加工してからEvernoteに送るといった少々マニアックなテクニックも載っています。・・・というところでしょうか。
※類似書を読んだことがないのであまり比較できないのが辛いところです。

これからEvernoteを始めるという方で、とりあえずいろいろな機能を押さえておきたいという方はチェックされてみても良いかもしれません。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」仕事術
EVERNOTE「超」仕事術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2010-08-18
売り上げランキング : 38131

Amazonで詳しく見る by G-Tools

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 14754

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Android SDK逆引きハンドブック
Android SDK逆引きハンドブック 中西葵 内村祐之 高橋良司

シーアンドアール研究所 2011-04-25
売り上げランキング : 2976

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です