物書き生活と道具箱

ほぼ日手帳2012を注文しました。

本日はほぼ日手帳2012の発売日。ネットとロフトで発売開始です。
※一部商品は除く

screenshot

毎年のようにネットで注文しました。
※おまけとか欲しいので。

カズン・チョイス3年目

去年、今年とカズンを使ってきて来年もカズンを使うというのは「とりあえず決定」の方向性。iPhone+クラウドツールで小回りきくスケジュール、カズンで日々の記録をがっつり残す、というのは現状の「べすとそりゅーしょん」です。
※ウィークリーカレンダー+デイリータスクリストっぽいツールがあればまた別の選択もあり得るかもしれませんが。

で、次にカバーの選択となるわけですが、ざっと見て回ったところ、色的にも柄的にも「ドナルド・ザ・セイラー」がイイ感じなんですよね。でもオリジナル版だけでカズンにはありません。

screenshot

この時点でいっそカズン+オリジナルの二刀流か、という思惑がチラリと頭をよぎりましたが、自重しておきました。明確に目的があるならばともかく、むやみにツールを増やすのはあんまり得策ではありません。

というわけで、「ドナルド・ザ・セイラー」は泣く泣く我慢して、カズンカバーの選択に。
※来年の4月頃に「やっぱり欲しい」とかいって買ってるかもしれませんが。

カバー選択

カズンのカバーの選択肢は3つ。「ほぼ日ブラック」「ドルフィン×ピスタチオ」「ホワイト・チドリ」。

screenshot
screenshot1
screenshot2

カズン一年目は「ほぼ日ブラック」を使っていました。二年目である今年は・・・と書こうと思って、「あれ、このカバーの名前なんだっけな?」と詰まってしまいました。9が月使っているのに、そういえばカバーの名前なんて買ったとき以来一切意識してませんでした。そういう時はどうするか?

Evernote>「保存庫」ノートブック>2010年の9月辺り>ほぼ日からの注文確認メール

これで一発です。「ライトブルー×チョコブラウン」という名前でした。

で、今年はこの「ライトブルー×チョコブラウン」を使っていました。結構明るめの青色ですね。

だいたい黒っぽいものか青っぽいものしか選択しない傾向にあり、今年の青に当たるのが「ドルフィン×ピスタチオ」。2011よりは多少深みのある青色です。

加えてちょっと気になったのが「ホワイト・チドリ」。なんとなくMBAと並べると相性が良さそうな色風味です。

さいごに

で、結局「ホワイト・チドリ」にしてみました。

白っぽい手帳カバーは始めてですが、たまにはそういう「路線変更」も面白みがあります。こだわりとチャレンジのバランスというのが、人生を楽しむちょっとしたコツなのではないかな、なんて思います。

さてさて、出荷される10月頃がいまから楽しみです。小確幸ですね。

▼こんな一冊も:

ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。
ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。 ほぼ日刊イトイ新聞

マガジンハウス 2011-08-18
売り上げランキング : 120

Amazonで詳しく見る by G-Tools

▼Coming soon…

クラウド時代のハイブリッド手帳術
クラウド時代のハイブリッド手帳術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 121720

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です