『Evernoteオフ@名古屋』に参加してきました(4)〜たとえばの使用例〜

※前回まで
『Evernoteオフ@名古屋 世界のえばちゃんオフだみゃあ』に参加してきました(1)
『Evernoteオフ@名古屋』に参加してきました(2) 〜CamiAppをいただきました〜
『Evernoteオフ@名古屋』に参加してきました(3) 〜ツールがもたらす変化〜

さて、四回目。今回は使用事例っぽいことを書いてみます。

ことのはじまり

というのも、トークセッションに参加させてもらっているときに

「最近、これって便利だな〜と感じたことって何ですか?」

と@goryugoさんに尋ねられて、けっこう必死に考えたんですが、特に何も思い付かなかったんです。

「Evernoteが使えて当たり前」「自分に必要な情報がここにあるのが当然」みたいな感覚になってきていたので、あらためて「これって便利」的な感覚がとても薄れてきているんですよね。だって、「自分の脳って便利!」っとかってあんまり考えませんよね。

例えば、@goryugoさんが紹介されていた「自分が作ったプレゼンシートの保存」なんですが、これは以前からやってます。PDFとKEYの両方を残しています。参照するのはPDFなので、そのノートに<スライド>のタグを付けて「像の墓場」ノートブックにがっつり保存してあります。ちなみに、対応するものがあれば、<■〜〜>(〜〜はプロジェクト名)というタグも付けてあります。

あと、スライドに使いそうな画像(アプリのアイコンなど)なんかも一緒に保存してあります。使い回し上等です。

@yuko985さんが紹介された「旅のしおり」的な使い方も以前からやっていて、外出時に必要になりそうなノートは「短期選抜」という特別なノートブックにまとめておいて、後から参照しやすい状態にしてあります。最近はEvernoteのノートを検索してくれるiPhoneアプリも登場してきているので、この使い勝手はさらに向上しています。

withEver 1.4(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: e73developer – Ryo Enami(サイズ: 1.7 MB)

FastEver Share 1.2(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 5 MB)

EverPicture 1.1.0(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, 旅行
販売元: Flammy Design – Masayuki Kondo(サイズ: 2.9 MB)

さらに@OZPAさんが紹介・・・されていたのが何だったのか思い出せないので軽やかにスルーしますが、まあ自分の使ったもの、使いそうなものをEvernoteにストックしておくというのが自分の中のデフォルトになりつつあるのは確かです。逆にEvernoteに入れられないツールに不便を感じるぐらいです。

現在は、そういう段階からもう一歩進めて、「dailyタスクリスト」や「ウィークリープランナー」をEvernoteで実現するためにはどうすればいいのかを自分なりに模索しているところです。

私なりの感覚で言うと、EvernoteはパソコンのOSの上に乗っているもう一つのOS。セミOS的な感覚です。それはIOS(インフォメーション・オペレーティング・システム)といったノリで、情報のデータベース的に使っています。

R-style日曜日の作成風景

たとえば、このR-styleの日曜日の更新。

ご覧になっている方がどのぐらいいるかわかりませんが、唯一日曜日だけが「テンプレ」を使って更新しています。つまり記事の雛形があるわけです。
※たとえばこういう感じの記事です。

「日曜日の記事を更新する」というタスクを実行する場合、

  • CotEditorで新規ファイル作成
  • Evernoteの「保存された検索:テンプレ」をクリック(FavoriteBarに置いてある)
  • screenshot1

  • 記事のテンプレ用のノートを選択→コピー
  • CotEditorに戻ってペースト
  • Evernoteの「Lifelog」ノートブック表示→「ツイート」で検索
  • 月曜日から金曜日までの「ツイエバ」からのノートが検索結果で表示される
  • screenshot

  • それぞれの「今日の一言」の個別リンクをクリックしてまわる
  • ブラウザでブックマークレットを走らせて、ツイートをHTMLに変換
  • その他過去記事を同じように漁ってテンプレを埋めていく
  • 来週のメルマガの予告もEvernoteの「有料メルマガ」のノートブックからピックアップ
  • 全て書き上げたら、CotEditorでスクリプトを走らせて完成したものをEvernoteに保存
  • 後はブラウザでアップ

みたいな感じで、Evernoteとその他のツールを行ったり来たりしながらアウトプット物を作り上げていきます。

ここには特別なツールを使っている感覚はありません。MacのFinderを使っているような感じです。ごく日常的に使うツール。

さいごに

今回は、Evernoteを使った日常風景を紹介してみました。

もちろん、これ以外にもあちらこちらに仕様事例は転がっています。

ブログのネタやら、素材、原稿データ、ライフログ的な写真、プロジェクトノート、書籍のデータ、過去資料、名刺、名言、クレド、……などなど使いそうなものはあらかたEvernoteに入っています。でも、別に特別なことをしているわけではありません。単にそういうデータを一元管理しているだけです。

でもそうやって一元管理された情報データベースが出来上がると、本当にセミOSを使っているような感覚がするんです。これが。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 34934

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 thought on “『Evernoteオフ@名古屋』に参加してきました(4)〜たとえばの使用例〜”

コメントを残す