Evernoteで二段階式ブログのネタ帳

inspired by 【文章術】ネタ帳を持つ【ブロガーハック 15/10】

ブログを定期的に更新していく上で欠かせない存在が「ネタ帳」です。

たぶん、多くのブロガーが、形は違えど自分なりの「ネタ帳」を持っていることでしょう。別にどんなツールを使っていても問題ありません。情報が散逸しなければOKです。

そこに思いついたこと、面白い話、気になった記事、書きたいテーマ、なんかをガシガシ放り込んでいくわけです。後は、「さて、ブログの更新するナリ〜」というタイミングでそれを見返せば、All OK。

当たり前ですが、普段から気になったことを「ネタ帳」に入れておかなければ、見返しても何も見つかりませんし、逆にいくら入れておいても書く段になって見返さなければストックした意味はありません。両方行って初めて「ネタ帳」が「ネタ帳」として機能し始めます。

で、まあ書くまでもないかもしれませんが、私の場合はEvernoteがその「ネタ帳」です。

せっせこ詰める

もはや骨の髄まで「ブロガー」になっているので、日常生活はネタ探しと見分けがつきません。

全ての情報がアウトプットの材料、とは言い過ぎかもしれませんが、極めて近い状況と言えるでしょう。言い換えれば、「あっ、これ面白そうだな」というのに敏感になっているわけです。

なので、気に入ったフレーズ、自分は違う考えを持った記事、違うアプローチを提供できるネタ、印象的な文句、単なるジョーク、などがいろいろ目に尽きます。あるいは頭に浮かびます。それらをささっとキャッチしてEvernoteに放り込みます。

だいたいは、

  • 手書きメモ
  • FastEver
  • FastEverSnap
  • ブラウザのウェブクリップ

FastEver 1.9.3(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 2.6 MB)

FastEver Snap 1.6.2(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 2 MB)

辺りがインプットツールです。

これらを使って、「何か面白そうなこと」をグイグイEvernoteに入れていきます。

インボックスから振り分け

こうして、集まった「ネタ」はinbox(というノートブック)に集まります。それを見返しながら、振り分け作業の実施です。

行き先は主に

  • 「短期選抜」
  • 「アイデアノート」
  • 「対応するプロジェクト」

の3種類のノートブック。このうち「対応するプロジェクト」は、ある企画の情報を全てまとめるプロジェクトノートのことで、数種類存在しています。

「短期選抜」

近々このネタ使っちゃうよ、というものは「短期選抜」へ。待機中、順番待ち、行列、と表現はなんでも良いですが近々アクティブにしようと思い付いたものがここに移動されます。

ちなみに、外出時に必要なデータなんかもこのノートブックに移動してあって、中身はかなりカオスなことになっています。が、それがいい。

screenshot

R-styleとか別のブログの更新ネタはだいたいこの辺から見つけます。

使い終わったものは「象の墓場」というアーカイブノートブックに移動します。

アイデアノート

思い付いてみたものの、「企画としてはちょっと・・・」というものはアイデアノートへ。

この場合、あまり面白くないものや、逆に大きすぎてブログでは扱いきれないものなんかがこっちに移動になります。

上の「短期選抜」を冷蔵庫と呼ぶならば、こちらは冷凍庫。

「対応するプロジェクト」

「あっ、これ今書いてる本に使えるじゃん」とか「新しい企画の素材になりそうだな」と判断したものは、対応するプロジェクトのノートブックに。ようするにそれぞれの企画の「ネタ帳」ですね。

一覧性を確保する

私の場合、R-styleは一日一記事というリミットがありますので、この「短期選抜」にはネタがたまってきます。

これを放置しておくと、「ネタ帳」を見返すのがめんどくさいという事態になりかねません。人は長すぎるリストなど見たくなくなるものです。

事前にめんどうそうになりそうな事態はあらかじめ処置を施しておく、というのが先回りハックです。

定期的に「短期選抜」を見返して、「これ、ちょっと気になるけど、まあしばらくは書かないか」というものを発掘し、それを一枚のネタノートにまとめておきます。このノートは「いつか書くかも」つまりネタの「somedayリスト」というわけです。

ちなみに、このノートは「プロジェクト」というノートブックに入っています。

最近はノートのリンク機能がついたので、もともとのノートのリンクを記入しておくというのがスマートかもしれません。さらに頭にチェックボックスを付けておくと、使用管理に便利です。

screenshot1

そうしてネタノートに転記した元ノートは「アイデアノート」に移動させておきます。これでスッキリです。

ごくたまに、こちらのノートを参照してブログのネタを引っ張り出します。

さいごに

以前、似たようなことを書きましたが、ネタ帳管理のフローとして一度まとめてみました。

「短期選抜」では、近々必要なネタだけを保管しておくことで「一覧性」を確保してあります。ネタの使用・不使用はノートブックの移動で。つまりノートの存在そのものがチェックボックス的に機能しています。

その「短期選抜」が膨れあがりすぎてしまわないように、時節を逃したものはネタノートに転記。そこではチェックボックスそのものを使って、ネタの使用管理を行います。

こういう二段階の管理方法を実施しています。

一見面倒そうに見えますが、まあ、ブログの更新を切実に感じていない人にとってはやっぱり面倒でしょうね。

しかしながら、信頼できる「メモ帳」というのは、ブロガーにとってありがたいものです。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 6561

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 デビッド・アレン 田口 元

二見書房 2008-12-24
売り上げランキング : 754

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[ad#ad-biglink]

タグ:

コメントを残す