物書き生活と道具箱

Evernote for Macのバージョンアップと「タグ」についての基本方針(下)

Evernote for Macのバージョンアップと「タグ」についての基本方針(上)の続き。

今回は「じゃあ、実際にどんなタグをつけているんだ」というのを紹介していきたいと思います。

はじめにお断りしておきますが、2011年11月23日現在のタグ付け方針であり、あっという間に変わってしまう可能性はいつでもあります。

全体像:親タグ

screenshot
親タグのリスト。かなり少ないですね。しかし、これを展開すると、とても一画面では収まらなくなります。

基本的には、「ノートブック専用」のタグと、「プロジェクトタグ」、それ以外はそのノートの「要素」を表現するためのタグになっています。

「□condition」「キーワード」が要素を表現するもの。「▼企画」が「プロジェクト」。それ以外が「ノートブック専用」のタグです。

それぞれのタグを少し紹介してみましょう。

タグの大雑把な分類

「ノートブック専用」

「ノートブック専用」のタグとは、例えば「ライフログノートブック」用の<写真>や<食べ物・飲み物>といったタグです。これは(かなりの確率で)他のノートブックのノートでは使われません。言い換えれば、そのノートブックを選り分けるためのタグです。

「プロジェクトタグ」

「プロジェクトタグ」はその名の通り、企画の名前が付いたタグです。

例えば「■ハイブリッド手帳術」タグというのがあります。絶賛好評発売中の以下の本

クラウド時代のハイブリッド手帳術
クラウド時代のハイブリッド手帳術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 11694

Amazonで詳しく見る by G-Tools

を書いていた時に使っているタグです。

例えば、この本の書評記事をクリップしたときに<書評><■ハイブリッド手帳術>などとタグをつけることになります。

要素・情報の属性

最後はごく一般的なタグ。<仕事術>とか<アイデアノート><電子書籍>など、そのノートに含まれている情報の属性、あるいはそのノートの属性を表現するためのタグです。

ネーミング記法

まだ完全に固まったわけではありませんが、タグ記法に関するいくつかのルールがあります。

プロジェクト

プロジェクトタグには、前に■を付けます。さらに期限付きプロジェクトには■20111123_のように期限をプロジェクト名の頭に付けます。

さらに、完全に終了したプロジェクトは■を□に変更して、プロジェクトが終了したことを明示的に表現します。なので、ノートにタグ付けするときに、■と入力すれば、サジェスト(提案)されるのは現在動いているプロジェクトのみ、ということになります。

■ →期限無し、あるいは期限が見えていないプロジェクト
■20xxxxxx →期限(締め切り)ありプロジェクト
□     →終了プロジェクト

こういう形です。

screenshot

よくつけるライフログタグ

ライフログ系の写真などは毎日ちょっとずつinboxに入ってきます。

そういったノートにタグ付けしていて気がついたのですが、付けるタグって8割ぐらい同じものです。

私の場合、<写真>(風景を撮影したもの)、<食べ物・飲み物>(食事の写真)、<ビール>(ビール好きです)、<チューハイ>(チューハイもよく飲みます)、あたりが多いです。

screenshot

これもサジェストを意識して、頭に<.>(コンマ)をつけることにしました。全てのライフログタグの頭にコンマを付けてもよいのですが、それだと数が多すぎて選ぶのが面倒になりそうです。そもそも大半が上のタグで事済むわけですから、その「よく使うもの」だけを選別して、特殊なタグとして扱うようにしました。

気分タグ

気分的コンテキスト、と表現しても良いんですが、自分の心理状態を表現したタグは「」(カギ括弧)でくくってあります。

screenshot

こうしたタグの問題点は表現がぶれることです。例えば<「買いたい」>というタグがありますが、もしかしたら<「欲しい」>と勘違いするかもしれません。こういうのは良くあることです。

一つの状態を表すのに複数の表現が存在する場合、正確に記憶しておくのはなかなか困難です。そこで気分を表すものは「」を付けるというルールで統一しておけば、表現そのものを覚えておく必要がなくなります。

同じように「場所」や「役割」といったものを表現するときも、頭に記号を付けておいた方がよいでしょう。場所なら「@」、役割なら「◎」などが考えられます。

さいごに

今回はタグの名前付けについて少し書いてみました。

頭に記号を付ける、あるいは数字を付ける、ということをやっておくとノートにタグ付けする際、あるいは検索する際に便利です。

でも、全てのタグにそういった処理をする必要もないかな、と個人的には思います。

私の場合、上のような特殊な処理をしているものは、タグ全体の中でみればごく一部です。残りはふつうに名前付けしてあります。それでもまあ問題無く機能しておりますので。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 4546

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です