物書き生活と道具箱

「手帳の日」にやってみたいこと

本日は12月1日。

12月1日と言えば「手帳の日」ですね。日本記念日協会のサイトから由来をチェックすると

師走に入り、手帳を活用して1年を振り返り、新しい手帳を準備する時期であることから、ビジネス手帳の元祖「能率手帳」を製造販売している「株式会社日本能率協会マネジメントセンター」が制定した日。書店や文具店などの手帳売り場でのキャンペーンなどを行う。

とあります。

すでに来年の手帳をゲットしている方はたくさんいらっしゃるでしょう。まっさらな手帳を手にすると「来年はどんな一年になるのかな」とワクワクする気分が高まってくることも確かです。

でも、そうやって新しい一年に向けて期待を膨らませる前に、(ほぼ)一年使い込んだ手帳を見返しながら、今年一年を振り返ってみるのもよいかもしれません。

私なりの「見返し」

私の場合は「ほぼ日手帳」です。

8f4801642010fd9239a31741ed1c90d1

ほとんど本一冊分ぐらいの厚みがあるので、じっくりと読み返すのはなかなか時間がかかります。ページをぱらぱらとめくっていくこともできますが、「年間インデックス」なんかも便利に使えます。

391eb0a32fd821f708ba906fa63d8ba8

私はここにデイリーページに書き込んだことの要点をまとめてあるので、このページだけを見返せば、ざざっと振り返ることができます。私の場合は「読書メモ」や「映画の感想」などが大半ですが、別のユースケースにも使えるでしょう。

こういうインデックスを作るのは、少しばかり手間と時間がかかりますが、一度作っておくと、短期間での振り返りに便利です。

あと月間のカレンダーページは「予定」の記入には使わずに、「エゴログ」といってツイッターのフォロアー数とかブログのアクセス数だとか、本のアマゾンランキングとかを記入する場所に使っています。

584d71aa0c43d92ce3076ccb04624381

これをぱっと見返すだけでも、自分が辿ってきた「変化」を感じ取ることができます。

もちろん、まとまった時間が確保できるならば、1月1日からページを繰っていくのも良いでしょう。

de784d00f06db19aa05c8c1aa7ff2ea5

こうした見返しは、単純に気づきや発見がある、あるいは読んでいて楽しいというだけではありません。

そういう見返しの楽しさから、記録するモチベーションが高まるという効果もあります。あるいはどうすれば見返しやすいか、という工夫が生まれる土壌にもなり得ます。

さいごに

もし、手帳を使っていて、けっこうな「記録」を残しているにも関わらず、あまり読み返していないという方は、ぜひこの機会に自分の手帳を振り返ってみてください。

「面白そうだ、やってみよう」と思われた方。今すぐ実行するか、今すぐ「手帳を読み返す」というタスクをタスク管理アプリに入れるか、今すぐ土曜日なり日曜日なりの予定に「8:00~9:00 手帳を読み返す」を入れるか、してください。

セルフマネジメントというのは、ようするにそういうことです。

▼こんな一冊も:

クラウド時代のハイブリッド手帳術
クラウド時代のハイブリッド手帳術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 9138

Amazonで詳しく見る by G-Tools

モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方
モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方 堀 正岳 中牟田 洋子

ダイヤモンド社 2010-09-10
売り上げランキング : 4264

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。
ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。 ほぼ日刊イトイ新聞

マガジンハウス 2011-08-18
売り上げランキング : 1260

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です