物書き生活と道具箱

ほぼ日手帳2012の使用準備

いよいよ今年も残すところ12日ぐらいです。

一年の切り替わりにはやることがたくさんありますが、新しい手帳の準備もその中の一つ。

「ゆっくり落ち着いてから」なんて考えていたら、師走のブラックホールに飲み込まれてあっという間に新年がやってきてしまうのがオチなので、きちんと時間を作って、スケジュールに落とし込んで実行したいところです。

f0816b0d19ea64736e4c4eab049cad2f

事前に書いておくこと

さて、「手帳の準備」といっても実際にすることはそれほど多くありません。すでに購入しているのならば、使う前にいろいろ記入しておくぐらいです。

たとえばその一つに「パーソナルデータ」があります。万が一手帳を落としたときに連絡先が書いてあれば、心の清い親切な人が電話してくれるかもしれまえせん。あるいは記憶喪失に陥ったときに自分のアイデンティティを確認するときにも使えます。

a21515f48d4bdf6126f62a7abd6b7cb9

しかし、私のほぼ日カズンは家置き手帳なので、このパーソナルデータを書く必要性はあまり高くありません。持ち歩くことがない以上、落とすこともないですし、自分のアイデンティティならばEvernoteがその機能を満たしてくれます。でもまあ、ついつい書いてしまうんですけれども。

もう一つが「記念日」の記入。こちらは年間インデックスページに書くのが良いでしょうか。自分の誕生日、親しい人の誕生日、忘れてはいけない記念日などを最初に書いておけば、「あっ!」という事態を避けることができます。トートロジーになりますが、忘れてはいけない記念日は忘れてはいけません。

635e313b8e1ebdd2f8b0c769b141b56e

しかしながら、私はこの手の記念日エトセトラをすべてGoogleカレンダーに登録して、毎年にリピートさせているので、改めて記入する必要はありません。そもそも予定の管理はほぼ日手帳の役割ではないのです。でもまあ、大切な人の誕生日なんかは、ついつい書いてしまうんですが。

その年のクレド

というネタは置いておいて、改めて手帳に記入したいのが、「クレド」です。

私は旧年12月ページをその年に大切にしたい言葉や心がけを記入するページとして使っています。

e6e579628a5dd42ad18015fc6a0f6e9e

単に大切にしたい言葉や心がけは、すべてEvernoteにストックしてあります。しかし、その中から今年は特に意識したいものをピックアップして手帳に記入しているわけです。折に触れて目に入る手帳に、そういう「今年の言葉」を書いておくのはなかなか効果的だと思います。

  • 2011年のほぼ日カズンの旧年12月ページを見返し、来年に繰り越すものがあれば書き写す
  • 2011年にほぼ日手帳に書き付けた言葉で、「これ!」というものがあれば、それも書き写す。
  • 同様にEvernoteを見返して、「これ!」これというものがあれば、それもまた書き写す。

このページは何でもかんでも書くという使い方ではありません。そういう大量の情報のストックはEvernoteでOKです。

そのとき(つまり2012年を迎えようとしている)自分が、厳選した言葉だけを紙の上に落としこんでいくわけです。

逆からみれば、そのときの自分がどういう価値観を大切にしていたのかがこのページを見返していけばわかる、ということになります。その中で変わるもの、変わらないもの、が見えてくるかもしれません。

2011年のほぼ日カズンに旧年12月ページ書いたこと

ちなみに、今年のカズンには以下のようなことを書いていました。

求めよ、さらば与えられん。
たずねよ、さらば見出されん。
門を叩け、さらば開かれん。
すべて求むるものは得たずねぬる者は見出し、
門をたたく者は開かるるなり

強く期待する気持ちがあれば、
それだけで可能性は現実に転化する。

強い願望はわれわれが何かを成し遂げるための先触れとなる

人生や仕事は、行動とその結果の積み重ねである

「自分の好きな事をやる」
「いかに他人に与えられるかを考える」
「自分が受け取る報酬はサービスの質×量」

三手先を読む、
三日先を予想しない

以上が、引用。

あと、「ココロガケ」と「自分の本質に迫る質問」と「大テーマ」を付箋に書いて貼り付けてあります。

さいごに

プロのスポーツ選手が自分の使う道具のメンテナンスに気を遣うように、私たちプロのビジネスパーソン(といっていいのかどうかは知りませんが)も、道具のメンテナンスには気を遣いたいところです。

それは、狭い意味での道具(手帳など)ということもありますし、広い意味での道具(言葉やマインドセット)ということでもあります。

さてさて、2012年のカズンにはどんな言葉を載せていきましょうか。
62ca46a010d079e66b4101e9e6f5cc0b

▼こんな一冊も:

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫 サミュエル スマイルズ 竹内 均

三笠書房 2002-03-21
売り上げランキング : 1417

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 デビッド アレン 田口 元

二見書房 2006-05-18
売り上げランキング : 23726

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫) 本田 健

大和書房 2006-02-09
売り上げランキング : 1116

Amazonで詳しく見る by G-Tools

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント
勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント 白石 康次郎 羽生 善治

東洋経済新報社 2010-02-19
売り上げランキング : 209047

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。
ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。 ほぼ日刊イトイ新聞

マガジンハウス 2011-08-18
売り上げランキング : 1975

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です