物書き生活と道具箱

私が毎日”必ず”使っている3つのアプリ

こちらのブログで企画を知りました。

私が平日に必ず使っているiPhoneアプリ5選」(Find the meaning of my life.)

大本はこちら。

私が”必ず”毎日使ってるアプリ」(Singer Song iPhone)

貴方が毎日”必ず”立ち上げるアプリはなんですか?

さてさて、なんでしょうか。

ちょっと考えてみるとiPhone以外にも、MacBook Air、iPad2、さらにアナログツールも使っているので、日によって使っているツールやアプリは結構ばらつきがあります。

でも、やっぱり毎日使っているアプリってあるんですよね。

3つのアプリ

Tweetbot — 個性あふれるTwitterクライアント 1.8.2(¥250)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
販売元: Tapbots – Tapbots(サイズ: 10.2 MB)

朝から晩までお世話になりっぱなしのアプリ。

間違いなく起動回数トップ。ツイッターアプリって、まあツイートみれたらそれでいいんじゃね?ぐらいの人も多いでしょうが、これぐらい頻繁に使うとやっぱり「使い心地」ってかなり重要なファクターになってきます。いろいろ便利だし、UIも快適です。アイコンは賛否両論あるようですが・・・。

OneCam[連写,静音,ジオタグ] 2.6.0(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software – masahiro seto(サイズ: 3.8 MB)

これを導入してから、その他のカメラアプリを一切削除しました。唯一健在なのが「FastEver Snap」だけ。

撮影は快適ですし、ツイートなどの連携もやりやすい。あんまり「写真」にこだわりがない自分としては、特に文句をつける要素はありません。当然撮影したものは、後でまとめて「PictShare」を使ってEvernoteに放り込みます。

iPhone導入後は、生活の中でで写真撮ることも当たり前になってきました。

FastEver 1.9.3(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 2.6 MB)

Evernoteにテキストメモを送るアプリもいろいろ出ていますが、やっぱり動作速度でいうとこのアプリが一番です。まあ、この辺は作成したメモを後でどう処理するかで好みが分かれてくると思います。一メモ一ノートでOKなら、文句なしにこのアプリで良いと思います。

読書中、散歩中、移動中、こうやってブログを書いているとき、・・・何かを思い浮かぶ瞬間は日常の中にユビキタスに存在しています。それはアイデアであったり、タスクであったり、もやもやした思いであったりと多様ですが、とりあえずEvernoteに放り込んでおけばOKです。ちなみに「DraftPad」も似た用途で使えるアプリでかなり強力です。

さいごに

と、結局ごくごくありふれたアプリの紹介になりました。でもまあ、「ありふれる」というのはそれぐらい便利なツールということなんでしょう。

もちろんこれ以外にも便利なアプリは沢山あります。作業を進めていく上で必須と呼べるもの、スキマ時間を埋めるもの、多様なソーシャルメディアにつながるもの・・・。

でも、それらは「休日」に使うことはあまりありません。私の中で「休日」はほとんど何もしない日だからです。作業もしなければ、あくせくと時間を埋めるようなこともしません。

でも、ツイッターをみたり、写真を撮ったり、メモをとったりすることは「必ず」やります。それはもう私の日常の一部だからです。特別なことをやっているという感覚はなく、つい「指が伸びる」ような感覚です。

ちなみに、当たり前と言えば当たり前ですが、上の3つのアプリはDockのレギュラーメンバーです。

さてさて、皆様の<毎日”必ず”立ち上げるアプリ>はなんでしょうか?

▼その他のアプリ:
PictShare – multiple photos/movies uploader 2.6.2(¥250)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 3.8 MB)

DraftPad 1.5.1(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Manabu Ueno – Manabu Ueno(サイズ: 3.2 MB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です