BlogArts

Blog更新で、気をつけているちょっとしたコト

inspired by ブログが書けない病に陥ったときのための思考スイッチ法 | デイリーもった Ver.1.01(想造ノート) &文章書くのってむずかしい?(なんかカラフルな生活)

上の記事を読むと、ブログを書くのって難しいことなんだなぁ〜と改めて思い知らされます。長い間毎日更新していると、「面倒」とか「しんどい」とかそういう感触ってどんどんなくなっていくんですよね。

もう、朝起きて朝刊を読むとか(新聞取ってませんが)、一日に終わりに日記を付けるとか(日記帳は持っていませんが)、そういうほとんど意識しなくてもやってしまうこと、あるいは更新しないとちょっと気持ち悪いぐらいの行為になってきます。

この「気持ち悪い」という感覚は、簡単には説明できません。

自分でやっているゲームで自分からルール違反をしてしまうような感覚、というのが近いかもしれません。横断歩道を渡るときに白い部分だけを踏む、というゲームをやっているときに、黒い部分を踏んじゃうような感覚です。実利・実益に関しては何も損害は発生しませんが、なんかちょっとやな感じ(負けた気分)になりますよね。そういう感覚です。

なので、だいたい毎日「更新しよう」という気概はどこからともなく湧いてきます。そしてネタはつきることがありません。そもそも、R-styleは「こういうブログ」というジャンルの制約がありません。ある種の方向性があるだけです。だから「書きたいこと」「言いたいこと」の大半がこのR-styleのネタになります。

でもって、「一日一回更新」の制約から、消化できるネタの量には限界があります。結果的に日が経つほどストックするネタが増えてくる、ということになるわけです。

ちなみに、「一日一回更新」というのは、「一日に一回更新する」という制約であるとともに、「一日一回しか更新しない」という制約でもあります。ががっと熱気が高まっているときは、いくつもブログを更新したくなりますが、私はそういう感情をできるだけフラットに処理したいので、更新回数を限定しています。
※ものすごく単純に考えれば、更新回数を上げればアクセス数があがるので、アクセス数を稼ぎたい人にはオススメしません。

「書きたいときに書く」というのは素晴らしい心掛けですが、逆に言えば「書きたくならなければ永遠に書かない」ということでもあります。

人間の心理状況やそれによってもたらされる価値というのは一定不変なものではありません。例えば、「文章がうまくなりたい」という価値観を持っていて、「そのためにブログを更新しよう」という決意があったとしても、疲れていると「文章を書きたい」という気持ちにはならないかもしれません。二人の自分の価値観がずれているのです。こういうことはよくあります(だからダイエットは難しい)。

私は(長期的に)自分の文章力を向上させたいな、と願っています。そのためには感謝の正拳突きのように、毎日毎日、反復して行う必要があるのも実感しています。ただ、日々の「私」が文章を「書きたい」と思うかはわかりません。それを担保ための方法が「毎日更新」です。

それに加えて、「間隔」というのも結構大きな問題かと思います。

文章を書くのは、スキル的な部分もあれば感覚的な部分もあります。そして感覚的な部分は、時間が空いてしまうとどうしても鈍ります。結局、定期的に(つまり毎日)書くという行為をフラットに積み重ねて行くのがそれを鈍らせないコツなのかな、とも思います。ががっと書いて、ぽかーんと空ける、のではなくできるだけ日々書きつらねていくスタイル。

あと、モチベーションに関係して個人的に気をつけているのが、「ブログを書く時間(帯)を決めておく」ということ。基本的には午前中からお昼近辺が私の「Blog更新時間」です。

毎日、毎日似たような時間に更新していると、徐々に気分が構成されてきます。言うなれば、水曜日になるとマガジンを手にとって「ベイビーステップ」を読みたくなる気分とか、毎月10日頃になると電撃文庫の新刊が気になるとか、そういうやつと同じです。

もう一つ、これと関連することですが、「更新する日を決めておく」というのも効果的だと思います。例えば「毎日更新する」とか「毎週月水金更新する」とか、そういうやつです。必ずしも必要、というわけではありませんが、Blog習慣が身についていない間は結構有効でしょう。

一番駄目なパターンは「時間が空いたら更新しよう」というやつ。第一に、時間は意識的に空けないとまず空きません。第二に、空いたときに「ブログを更新する」という行為を思い出せるのかどうかが謎です。これらに対処できているのであれば、更新する日を決めておく必要はないでしょう。

テーマに関しては、「書くこと(ジャンル・カテゴリー)」をある程度決めておくというのは確かに有効です。逆に「書かないことを決めておく」というのでもよいでしょう。

操作説明を詳しく書くが自分の意見は書かない、とかその逆とか、いろいろあると思います。もう少し突っ込んで、「書評ならこういう点を押さえる」というテンプレ(ひな形)があると、記事を書く意欲を妨げにくいかもしれません。このあたりは近々発売される「R-style ~Blog記事の書き方~」という電子書籍に詳しくまとめてあります(嘘です)。

さて、今回は一風変わった感じで書いてみました。実に読みにくいと思います。普段は見だし3(<H3>)で区切ったり、箇条書きスタイルを使って長文でも「読みやすい」工夫をいろいろ入れている、ということです。

今回の記事を読んで、「ちょっと、要素がつかみにくかった」という人は、自分で重要な要素をピックアップして箇条書きにしてみるとよいでしょう。書き手の怠惰と言われればそれまでですが、自分なりにまとめるほうが、後で役に立つものができると思います。

▼こんな一冊も:

HUNTER×HUNTER 25 (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER 25 (ジャンプコミックス) 冨樫 義博

集英社 2008-03-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ベイビーステップ(20) (講談社コミックス)
ベイビーステップ(20) (講談社コミックス) 勝木 光

講談社 2012-02-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫) 川原 礫 abec

アスキーメディアワークス 2012-02-10
売り上げランキング : 2095

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です