アゴとわかりやすさ

最近は「わかりやすい」コンテンツが好まれます。

そりゃどうせなら、わかりにくいよりもわかりやすい方がよいでしょう。

難解な内容を噛み砕いて教えてくれるのは、時間的にも大変有効です。

でも、そういうわかりやすいものばかりに触れていると、この世の中が複雑なものであることが見落とされがちになるかもしれないな、という危惧みたいなものがあります。

人間一人とってみても、「こうすれば、あぁなる」的な直線系アプローチだけでフォローしきれるものではありません。それが三人もあつまれば混乱はさらに膨らんでいきます。でもって、社会に目を広げてみると・・・。
※まあ、数がどんどん増えて統計的に処理できるようになると話は変わるんですが。

それはともかく、あんまりほかの人が噛み砕いたものばかり受信していると、食べ物と同じように自分で咀嚼するあごの力が衰えてくるのではないか、と思う次第であります。

まあ、余計なお世話、かもしれませんが。

コメントを残す