告知

「ハイブリッド発想術」に頂いた紹介・書評および特設ページについて

発売して数日経ちますが、アマゾンランキングでも、なかなか良い順位に付けさせていただいております。ありがとうございます。

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 1755

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ご紹介いただいた記事をご紹介

すでに、いくつか本書の紹介記事もいただいております。

連想力を高めるために、マインドマップを活用する 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

さてさて、頂いてパラパラっと流した第一印象は、
「うわー、らしたさん、これはガチで来てるな~」というものでした。
Evernote本だと思って購入した人は大丈夫か?と心配すら覚えるほどの。

大丈夫です。きっと大丈夫です。

mot-tyle: 明日から実践できる、アイデアを生み出すために見直すべき3つのポイント

実は、アイデア発想ってのは何にでも使えるテクニックなんです。

本書はそんなアイデア発想について、ゼロからじっくり解説した、アイデア発想入門書に位置づけできる1冊です。

良いところに位置づけてくださいまして、ありがとうございます。

「Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術」を読んで | 412.jp

この「ハイブリッド発想術」はめちゃくちゃ簡単に言うと素晴らしいアイデア(発想)は限られた人だけのものじゃないよと教えてくれる本です。それも具体的な方法(ツールの使い方)の紹介まで。

「発想は限られた人だけのものじゃない」。本書で最も言いたかったことの一つです。

『Evernoteとアナログノートによるハイブリッド発想術』倉下忠憲・著|読書手帖

個人的には、iPadの可能性を認識し直しました。自分のスタイルを磨くために、ヒントを与えてくれる1冊です。

iPadは本当にいろいろデキるツールです。是非とも自分のスタイルを磨き上げてくださいませ。

ライフハックLiveshow #09「すべては計画通り」 | Lifehacking.jp

発想術というと、これまでにもさまざまな本がありましたし、なんだか学問的で難しい印象をうけますが、それをもっと手近なものにすることが本書の目的だと倉下さんはおっしゃられます。

記事で紹介されている動画でも、堀さんにうまく質問していただきいろいろ喋っておりますが、発想とか知的生産はもっと身近な存在になって欲しい、というのが私の強い願いの一つです。本書はきっとその願いに何かしら役立つものと思います。

皆様どうもありがとうございます。また、紹介していただいた記事も機会があればご紹介させていただきます。

特設ページ、始めました

さて、本だけではなく、関連する情報をこうしてBlogなどでもいろいろ発信しております。せっかくブログをやっているので、本を書いて終わり、というのではつまらないですからね。でも、数を増やしていくと、どうしてもとっちらかってしまうのは宿命のようなものです。

というわけで、できるだけ情報を集約するために特設ページを作りました。といってもこのR-styleのページの一つですが。

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術

上のページに、本に関する情報や関連情報へのリンクなどをぐぐっとまとめてあります。また、新規のものがあれば追加していく予定です。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です