「ブレスト用七つ道具ボックス」

以前デスク紹介の記事でちらっと出てきた「ブレスト用七つ道具ボックス」。
作業デスク&本棚をちらっとご紹介

今回はこの中身を紹介してみます。
※ちなみにこの箱本体はダイソーでゲットしました。

だいこうかいじだい

とりあえず中身を出してみましょう。

それぞれ簡単にみていきます。

1.LIFE 情報カード 5×3 無地

出ました情報カード。5×3のサイズが個人的には好きです。方眼も良いのですが、私は無地派。

5x3は一つの見出しに、少し長めの文章を書ける程度のサイズですね。ちょっとしたチェックリストを作成するのにも役立ちます。

箱の中には、できるだけ新品を常駐させるようにしています。100枚の情報カードがあれば、かなりのことができます。

2.マスキングテープ

マスキングテープもいろいろ用途があります。飾り付け的に使うことももちろんですが、以前シゴタノ!で紹介したように、無地のものを使えば「見出し」を記入するスペース作りにも使えます。
四方から発想を攻め立てる ホットコーナー法

付箋と違って長さの調整が利くのが良いですね。

3.ロディアNo.11

定番の切り取りタイプメモ。情報カードはある程度方向性が見えてから使いますが、こちらは、まったくゼロの状態から「アイデア出し」をする場合に使います。

書いてはちぎり、ちぎっては書くの繰り返しをスピーティーに行うのはロディアが最適です。

4.トリガーカード

以下の記事で紹介したもの。
連想を刺激する言葉を束ねたトリガーカード

なかなかに役立ちます。

5.ドットライナーラベルメモ

KOKUYOさんの、正方形型付箋。なんですが、これは「全面のり」タイプ。普通の付箋にありがちな「ひらひら」がないのがポイントです。

紙に書き出すアイデア出しをするときに、タイトルやテーマなどを書き込んで貼り付けるような使い方をします。

6.付箋

ふつうの付箋。あまりに普通すぎてメーカーがどこなのかすらよくわかりません。

7.インデックス付箋

ミニサイズの付箋。無印にて購入。アナログノートのインデックスを自作する時に活躍する付箋ですが、たとえば情報カードに「タグ」を付けたりするのにも使えます。応用範囲は広いです。

さいごに

と、以上七つのブレスト道具を紹介しました。アナログ色満載でしたね。

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 28503

Amazonで詳しく見る by G-Tools

※こんな本もあります。

ちなみに、私は無印良品の「六角ツインペン」を愛用しているのですが、この箱にぴったり収まります。ナイスです。

というわけで、「今日はブレストするぞ」と意気込むときは、このボックスと紙なりノートなりを持っていそいそとカフェに出かけるわけです。

一つの箱に道具をまとめておくのは、なんだか「職人」っぽくて個人的には好きです。効率性うんぬんではなくて。

▼こんなアイテムも:

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書) 梅棹 忠夫

岩波書店 1969-07-21
売り上げランキング : 5865

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブロック No.11【方眼】 cf11200
ブロック No.11【方眼】 cf11200
Rhodia/ロディア
売り上げランキング : 64866

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1 thought on “「ブレスト用七つ道具ボックス」”

コメントを残す