7-本の紹介

【レビュー】成果が上がる「机」術 〜日経アソシエの2012年9月号〜

ふらりと雑誌コーナーに立ち寄ると「机術」の文字が。

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 09月号 [雑誌]
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 09月号 [雑誌]
日経BPマーケティング 2012-08-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

以前こんな記事を書いたこともありますが、他の人のデスク運用法は気になるものです。

記事の特集では『成果が上がる!「机」術』というタイトルが付いていますが、成果うんぬんは別として__ごくごく単純な知的好奇心の対象として__人の机の使い方を覗いてみると、いろいろ発見があるかもしれません。

という淡い期待を抱いて、購入。

特集は大きく三つのパートに分かれており、

  1. 「仕事師たちの机」大公開!
  2. 匠が伝授。ステップアップ机術
  3. グッズの力でグレードアップ!

という構成で、詳しい紹介は割愛です、と当ブログお馴染みの流れです。

今回はちらりと思ったことを紹介してみます。

デスクの作り方

「仕事師5」で紹介されていた川部さんの机。その紹介に次のような文章がありました。

まず、ストレスを感じる6つの手間を洗い出した川部さん(右ページ表)。これらを解消するために机の上を大きく3つに分けた。

これ結構重要なんじゃないかと思います。川部さんの例では

  • 「探す、束ねるなど書類にまつわるムダな動き」
  • 「ペン立てから使いたい筆記具を取り出す」

などの6つの「小さな手間」が挙げられていましたが、これが万人に共通というわけではないでしょう。もちろん、それを解決するための3つのゾーニングも同様です。

何かを改善しようとするならば、まず何が問題かを明らかにする。当たり前のようですが、この根本的な作業から取りかからない限り、抜本的な解決にはたどり着かないのではないでしょうか。表面的なテクニックのコピーが失敗するのもだいたいがこれです。

這いよる混沌

「仕事師12」で紹介されていた岩井さん。この方も机周りを3つのゾーンに分けているそうです。

  • 仕事ゾーン
  • カオスゾーン
  • 生活ゾーン

この「カオスゾーン」の存在がなかなか良いですね。

私の場合も机の右手はわりとカオスゾーンですし、視界の左には執拗に契約を迫ってくる白い獣のミニフィギュアなんかがつり下げられています。あと、Evernoteの中身なんかも完全にカオスゾーンですね。

機能性が必要な部分はきっちりと整えながらも、遊びは遊びで確立する、というのがバランス良いのではないかと自分勝手に思う今日この頃です。

積んどく書類

「仕事師18」で紹介されていた葉玉さん。他の方はファイリングをきっちりとこなしておられるのですが、この方は書類を机の上に積み上げていく、というスタイルです。「散らかっている机」をイメージすると浮かび上がる風景がまさに広がっています。

こんなの整理でもないんでもない、と言い切ることはできません。実はルールがきちんと決められています。とりあえず自分が必要な書類が短時間で見つけられるならば、それはそれで誰からも文句を言われる余地はないでしょう。

面白いのが次の発言。

「積んである状態は捨てているのと同じなので、わざわざ捨てる必要すらない」

なんかちょっとだけEvernoteを連想しました。

さいごに

パラパラと「他の人の机」を眺めているだけで、なかなか楽しい気持ちになれます。まあ、これはそういう趣味がある人だけかもしれませんが。

机の上を「整理する」というのは、実は仕事の動線(あるいは作業動線)を確認するということでもあります。この「動線」は物理的空間な意味合いだけでなく、時間的・意味的な意味合いもあります。

単に机の上を片付けるのは「整理する」とは呼べません。動線に沿って、適切に配置する。これが整理です。当然その動線は人によって違ってきますので、本企画の最初に書かれているように「机術に王道なし」となってくるわけです。

▼こんな一冊も:

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)
這いよれ! ニャル子さん (GA文庫) 逢空 万太 狐印

ソフトバンククリエイティブ 2009-04-15
売り上げランキング : 16883

Amazonで詳しく見る by G-Tools

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [DVD]
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス 2011-04-27
売り上げランキング : 16331

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です