物書き生活と道具箱

Evernote Clearlyの新機能と、iOS版のページカメラ

Evernote日本語ブログで3つの記事がアップされていました。

どれもこれも注目で、貧弱な胸板を両手で交互に叩きながら、おぉ〜〜!とうなり声を上げたくなるニュースばかりです。

それぞれチェックしてみましょう。

「Evernote Business」

「Evernote Business」は、実際にどれぐらいの企業が利用するかはわかりませんが、もしそういう例が出てくれば面白いことになるのではないかと思います。

ナレッジマネジメントのあり方に一石を投じる、というのは少々大げさかもしれませんが、何か新しい動きの一歩になるかもしれません。

「Evernote Clearly」

下のニュースのおかげで目立たないキャラ扱いを受けていますが、このバージョンアップはかなりイケてると思います。最近の機能向上と合わせて、かなり「スマートクリップ」感が出てきました。

試しにスクラップしてみましょう。

このようにハイライト付きでクリップされていますね。しかも通常の「inbox」ではなく、「スクラップ」のノートブックに自動的に放り込まれています。私の「スクラップ」ノートブックは、Webスクラップの溜まり場なので非常に適切なチョイス。

さらにもう一つ。

同じようにハイライト付きで保存されています。「俺は、ここに注目したんだ」というのがよく分かっていいですね。この感覚は、本を読んでいるときに赤ペンで線を入れるのに似ています。横に(下に)コメントを付け加えられれば、より一層「読書体験」に近づきそうです。

ちなみに、このノートは「インスピノート」ノートブックに投げ込まれていました。Webスクラップの中でも、「これは後で見返したい」と思ったものを入れておくノートブックです。何この判断力。ちなみに、「■ハイブリッド手帳術」のタグも勝手につけてくれました。文脈としてはまったく間違っていませんが、このタグは本の企画用のタグなのでちょっと余計なお節介といったところでしょうか。

もう一つ試しにやったんですが、こちらはハイライト反映されず。私のミスなのか、なんなのかはわかりません。このノートも「インスピノート」に突っ込まれていました。

とりあえず、ここまでのまとめとしては、

  • ハイライト表示付きのクリップで、「読書体験」に一歩近づいた
  • スマートクリップは、なかなか賢い

ということです。ちなみにスマートクリップは私の造語ですのであしからず。

勝手にノートブックを決められたり、タグ付けされたりするのはイヤだよ、という方はオプションでオン・オフ切り替えられますので、カスタマイズされるとよいでしょう。私もできれば自分でやりたい気持ちが強いです。この辺の是非は一つの論点になり得るので、ここではトリプルアクセルのように華麗にスルーしておきましょう。

一応この機能は現状GoogleChorme版だけです。はやくFirefox版にも来ないかなぁ〜と首を長くして待っております。

Evernote スマートノートブック

もうね、ぶっちゃけいっちゃうと、機能云々よりEvernote柄のノートが欲しい。個人的にはそれだけ。

というのでは、あまりにも寂しいので、以下のブログ記事なんかをお読みください。

とりあえずこの「Evenroteスマートノートブック」じゃなくても、Evernote for iOS の新カメラ機能__ページカメラ__は使えるはずですので、試してみました。

若干、撮影時の処理が重かったですが、イイ感じの写真が撮れているような気がします。これだけだと、メインで使いたい!というほどではありません。その他のアプリでもできることですからね。あとは、「Evenroteスマートノートブック」を使ったときの感触次第といったところでしょうか。

さいごに

いろいろな方向から、ハイブリッド化が進んでいるなぁ〜、というのが個人的な実感です。

「手書きで書いて撮影するぐらいなら、初めからデジタルで行けよ」

という感想が存在することは理解できますが、やっぱり同じではないんですよ。

極端すぎる方向にも走らず、敵対関係を作って煽ることもせず、両方の良いところを見極めて、それを活かす。これが大事だと思います。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 24506

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です