Sharing is Power! / Create your own way.

学力テストの結果に見る学力低下の現状

3+2×4=20? 四則計算、小6の4割誤答

一貫した論旨の展開や数学的な思考が苦手な小中学生が多いことが14日、国立教育政策研究所が実施した学力テスト(特定の課題に関する調査)の結果で明らかになった。「3+2×4」(正答は11)という基本的な四則混合計算では小5の3分の1、小6の4割強が誤答し、深刻な計算力不足がうかがえる。国際調査で学力低下を示す結果が相次ぐなか、現在進められている「ゆとり教育」(現行の学習指導要領)の見直し作業にも影響を与えそうだ。

一瞬何かの冗談かなと思ったのだが、どうやらそういうことでも無いらしい。

私なんかは、「3+2×4」なんて式をみたら、「はいはい引っ掛けね」なんて思ってしまうタイプの人間なので、正直に左から右に計算していく人間がいるというのは単純な学力不足以上の何かを感じてしまう。

たしかに、日常生活において、「3+2×4」という式を計算しなければ日常生活が成り立たないということは無い(はずである)。電卓を使うときは複数回に分けて計算すればよいだけの話である。しかし、中学、高校を進んでいく中ではこういう計算が当たり前に出来ないとちょっと厳しい事態に陥ってしまうことだろう。

詰め込み教育そして学歴偏重社会へのアンチテーゼとして生まれた「ゆとり教育」(じっさいにゆとりがあるかどうかは別として)は学力そのものを不足させているということに加えて、「勉強なんて大切なものじゃない」という価値観を生み育ててしまっているのではないかと思う。

羊毛→ひつじげ、子孫→こまご… 学力低下どうフォロー

 国立教育政策研究所が14日公表した児童生徒の学力テストでは、基礎、応用力とも低下している実態が浮き彫りとなった。具体的に浮かび上がった課題について、教育現場でどう反映させていけばいいのだろうか。

これも同じ記事だが、

一方、小4、小5で「挙手」「改行」が正確に読めたのは3割未満。書き取りでも「主力」「景品」「青春」「屋上」(小4)、「観光」「経験」「険しい」「要点」(小5)、「回覧」「設ける」「均等」「疑い」(小6)の正答率は4割にも満たなかった。

 誤答例を見ると、「挙手」を「けんしゅ」、「子孫」を「こまご」、「羊毛」を「ひつじげ」、「改行」を「かいこう」とする児童が目立った。


「改行」を「かいこう」である。なんかこのほうがひねって答えているようにすら感じてしまう。

「作文・漢字が好き」 高学年ほど少なく

学力テストと同時に行われた児童生徒へのアンケート調査では、作文や漢字の成績がよい子供ほど、勉強の意義を理解していることが明らかになった。一方、学年が上がるにつれて作文や漢字が好きと答える児童生徒が減る傾向がみられた。
 文章を書くことを「日常生活に役立つ」「必要だ」と考える児童生徒は、どの学年も7割以上を占めた。ただ、「書くことが好き」と答えた児童生徒は学年が上がるとともに減る傾向がみられ、小4では47.3%が好きとしているのに対し、中2では30%に。また、文章がきちんと書けていると評価された生徒は、文章を書くことが他教科の学習や日常生活に「役立つ」「必要」と考える傾向が強かった。


このアンケートでは二つの結果がでている。それは
・作文や漢字の成績がよい子どもほど、勉強の意義を理解している
・学年があがるにつれて作文や漢字が好きと答える子どもが減る傾向がある
ということである。
一つ目に付いては、まあ当たり前かもしれない。勉強の意義を理解しているからこそ、成績が良くなるように努力しているということだろうから、当然とも呼べる結果であろう。

ただ、二つ目に付いて言えば、関連性が思いつかない。
子どもというのは好奇心と知的欲求の塊りみたいな存在である。だから、新しい漢字を覚え、自分の思いを表現できるようになることに対して興味を覚えるのは理解できる。
それが、学年があがるにつれて減少していくということは、
・こどもの好奇心を満たし、知識を導いていくような教育ができていない
・世間が「国語」というものを重視していない
・潜在的に国語嫌いの子どもが増えている
などの理由が考えられる。

もう、個人的な体験から言えば、なんとなく一つ目の可能性が高い気がする。
大体にして学校の授業というものは退屈なものだが、特に国語の授業というのは退屈なものだった。それに加えて国語教師というものも・・・(まあやめておこう)
すくなくとも私が学校生活を通して、教師としての力量に関心を覚えたのは唯一一人だけである。他の教師は、こういっては何だがその人がそこに存在する理由というのが私にはあまり理解できなかった。
例えば数学の教師というのは「数学的センス」というのが必要である。これは言葉で説明することは難しいのだが、数式を展開していくときの独特の感覚である。問題を見たときに、パッと解放への道筋が思い浮かぶ、あの感覚である。
それは長い反復に裏打ちされたもので、教師が黒板で式の展開をしていると良く観察できる。教科書を丸写ししているような教師はそういう感覚はほぼゼロである。というかそんな教師は別に存在する必要は無い。
私は少なくとも教師には、そういう感覚が必要であると思う。つまり教科書見ればすむという次元よりも一つ上のものを提供できる力である。
すくなくとも私が見てきた大半の国語教師はそれを提供していたようには思えない。いくら文学史に詳しくともそれはhttp://www.google.com/で十分こと足りる世界なのだ。

ただ単に知識を伝達する以上の何かが今の教師には特に求められているのだと思う。

教員免許更新制、08年度にも導入 中教審答申

中央教育審議会(会長・鳥居泰彦慶応義塾学事顧問)は11日、教員免許の更新制導入を柱とする答申を小坂文部科学相に提出した。現職教員のほか、免許はあるが教壇に立っていない「ペーパー教師」も対象になり、教員免許制度は大きく転換する。文科省は来年の通常国会での教員免許法の改正を目指し、最も早くて08年度からの導入が見込まれる。

 答申は、国民の教員に対する信頼が低下していると指摘。制度導入に伴い、いまは終身有効の免許に10年の期限を設け、満了前に行う30時間の講習で「教員として必要な資質や

2 thoughts on “学力テストの結果に見る学力低下の現状

  1. 学力低下って不思議ですよね。
    塾に通っている子は大丈夫なんでしょうか?
    そうなると2極化が進んでいるのでいるのかも。
    ただ問題のレベルでいうとそれ位は学校だけでフォローできるレベルだと思うのですが・・・・

    漢字は得意だったけど、文章書いたり、この文は何を指しているか?なんて問いは全然駄目でした。読書感想文や作文で原稿3枚以上書くことに苦労した記憶は大学まで付きまといました(苦笑

  2. >梟の目さん
    おそらく二極化と呼べるような事態が進行しているのでしょう。
    トップのレベルそのものはさほど動いていなくても、中間から下のラインの基礎的な学力が低下し、またそれに対してフォローが出来なくなってきているような気がします。
    親なんかも、それで何か困るの?というような感じなのかもしれません。

    ちなみに、私も読書感想文は苦手でした。本当に今よくブログなんて書いてますよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です