物書き生活と道具箱

iPad手書きノートアプリ「UPAD」、ver2.02で使い勝手がさらに向上

手書きができて、テキスト入力も可能で、写真が扱えて、さらにPDFファイルも見れてしまう、多機能手書きノートアプリ「UPAD」がバージョンアップです。

UPAD 2.02(¥450)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: PockeySoft – kim genie(サイズ: 31.2 MB)

たくさんの機能改善があったようですが、今回は私が気になった部分を紹介してみましょう。

地味に、しかし確実に使いやすく

では、画面写真をご覧ください。

ペンのインク

まずペンのタッチが大きく変化しました。

同ジャンルアプリの「NoteShelf」と似たような、ジェルインクっぽい書き心地になっています。これは大変高評価。

もちろん、好みの問題があるので、全ての人が使いやすいと感じるかはわかりませんが、「線引いておけばいいんでしょ」という投げやり感ではなく、「おぉ、手書きっぽい!」という感触を楽しめます。こういう感覚はわりと大切です。

ツールバー機能

ペン機能の「ツールバー」が登場しました。

使ってみると、「なんで、これ今まで無かったんだろうか」というぐらいの心地よさ。ペン、カラーペン、消しゴムの3つの機能をわざわざ上部のバーまで移動しなくても切り替えることができます。

さらに、ペンの色と太さのセットを7つ保存しておけます。太めの黒、細めの黒、太めの赤、細めの赤、太めの青・・・とこれだけそろえてもまだ5つ。好みのセットを自由に保存しておけますね。3色ペンならぬ7色ペンを使っているような感じです。

ちなみに、このツールバーは横表示と縦表示の切り替えも可能です。細かい点ですが、見逃せません。もちろん、表示オンオフの切り替えもできますので、必要な時だけ表示させておけます。

Evernote連携

標準のアップロード先にEvernoteがばっちり参加しています。これはありがたい。今までもメールで送信できていたのですが、このアップデートで手間が1,2ステップ程度は削減されました。

コピペ

手書きノート系で範囲を選択して、コピペできるアプリはたくさんありますが、コピペした上に色も変更できるのは珍しいですね。上のサンプル画面のような使い方ができます。

写真など

あと、今回のアップデートとは関係ありませんが、写真をいじる機能がいろいろ向上しています。写真のフレームを設定できたり、透明度やマスクのサイズなども簡単に変更できます。

さいごに

センセーショナルな機能追加はありませんが、使い勝手は確実に向上しています。

ver2.01でデータ関係のトラブルがあったようですが、今後もこうした使い勝手に直結するアップデートを積み重ねてもらいたいところです。

▼こんなアプリも:
Noteshelf 6.0(¥500)App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Ramki – Rama Krishna(サイズ: 63.3 MB)

▼こんな記事も:
個人的「NoteShelf」の強力ライバル、iPad手書きノートアプリ「UPAD」
「UPAD」のアップデートで直線もラクラク引けるようになりました
iPadの「UPAD」で専用のテンプレを自作してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です