物書き生活と道具箱

「My Stats」を使い始めて、気になった二つの点

「My Stats」というセルフマネジメントアプリを試運用しています。

MyStats 1.23(無料)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: NEOREX Co., Ltd. – NEOREX Co., Ltd.(サイズ: 5.2 MB)

写真エトセトラ付きの解説が気になる方はこちらをどうぞ。

My Stats 時間管理と数値管理が色々できる「自己管理」無料アプリ(ごりゅご.com)

なかなか方向性が面白いアプリなんですが、今回はズバッと気になった2点だけ書いておきます。

どちらも「日別アクティビティ」に関することです。

一日に複数回

毎日記録を付けるものとして、まっさきに思い浮かぶのが「体重」です。気になっている人はたくさんいるでしょう。

私も最近、ほぼ日手帳(カズン)に体重を記録しています。

で、これを「My Stats」でもやってみよう。折れ線グラフで推移が表示されるのは面白そうだ。

と思ったんですが、「日別アクティビティ」は名前の通り一日に一回の入力なんですね。

で、私は朝と夜に体重を測っています。これは「測るだけダイエット」の考え方に影響を受けたものです。細かい体重の推移を確認できるのは体調管理的にもダイエット戦略的にもきっと効果があるでしょう。

しかしながら、現状の「日別アクティビティ」ではこの朝夜の入力ができません。

一日に複数回の入力ができるようになるか、あるいは複数の「日別アクティビティ」をまとめて折れ線グラフで表示してくれる機能なんかがあればありがたいところです。これだと「体重(朝)」「体重(夜)」とかで対応できますので。

記録の追加

もう一つ、私が一日のアクティビティを記録しようと思ったものがあります。

それが「原稿量(文字数)」です。

たくさん文字を書いている=仕事をしている、と単純に言えませんが、やはり文字数は「My生産性」を考える上で重要な要素の一つです。

で、たとえば原稿を一つ書く度に、忘れないように「MyStats」に入力しようとするのですが、記録入力画面では「足す」とか「引く」の機能がないんですね。まあ、一日に一度だけ入力することが想定されているので、それは当然かもしれません。

もちろん、どこかで文字数をカウントしておいて、あとで計算してから入力すれば使えるんですが、機能として初めからあった方がありがたいです。

あと、話は脱線しますが、「時間アクティビティ」と「日別アクティビティ」の総合的な分析というのも見てみたいですね。一週間の原稿作業時間が15時間、書いた文字数が3万字、とかが俯瞰できると面白そうです。

さいごに

このMy Statsは「時間アクティビティ」と「日別アクティビティ」が一つのアプリで両方残せます。案外、そういうアプリって少ないんですよね。しかも、「メモ」を残せる点が個人的には気に入りました。これ結構大切です。

「TaskPort」とか「My Stats」を使いながら、自分なりの理想の「セルフマネジメントアプリ」の妄想がどんどん湧いてくる今日この頃です。

▼こんなアプリも:
TaskPortPro 1.5(¥450)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: subakolab inc. – subakolab inc.(サイズ: 4.2 MB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です