物書き生活と道具箱

「Day One」を使い始めております

最近、「Day One」というアプリを使っています。ダイアリー系のアプリです。

Day One 1.7.2(¥450)

カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
現在の価格: ¥450(サイズ: 9.6 MB)
販売元: Bloom Built, LLC – Bloom Built, LLC
リリース日: 2011/03/10

Day One – Journal 1.8.1(¥450)App
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
販売元: Bloom Built, LLC – Bloom Built, LLC(サイズ: 32 MB)

ご覧の通り、MacとiOSの両方にアプリがあり、iCloudかDropboxを介することで、シームレスにデータを同期してくれます。UIもなかなか美しく、コミカルな効果音も耳をひきます。


※Mac版


※iPhone版

すでに一部では有名アプリかと思いますので、詳細は割愛しておきます。
※下にリンク集を作っておきました。

今のところ、Mac,iPhone4S,iPad2と手持ちの端末全てにインストールしており、その時一番手近な端末で入力するようにしています。

何を?

作業記録を、です。

作業記録を膨らませる

今までは、「タスク名」及び「開始時間&終了時間」が作業記録のメインでした。これはこれで役に立つのです。
※拙著をご覧ください。

ただ、これだけだとちょっと弱いかもしれない、ととあるメルマガを読んでいて思いました。もう少しログが欲しい、と考えていたところ、たまたま「Day One」と巡り会ったので、「これに決めた!」と採用したのがなれそめです。

この作業記録は、たとえば「〜〜の文章を変えてみた」などの、かなり具体的なログになっています。また、単に作業した内容ばかりでなく、「〜〜の構成に行き詰まり。どうにかならないものか」とか「もう少し、文章をスマートにした方がよい」などの、感じたことや考えたことなどが含まれています。

この辺りのログが、今まででは弱かったのです。

もちろん、Evernoteに入力してしまう方法もあるのですが、それだといくつかの問題が発生することがわかりました。というか、今までも多少このタイプのログを残していたのですが、あまり活用されていなかったということです。この辺の詳細はまた別の回で改めて書きます。

さいごに

今のところ、「Day One」との付き合いは比較的順調です。AppleScriptに対応していないので、Evernoteとの連携がスムーズというわけではありませんが、両方にログを残すことも一応可能になっています。

基本的にだらだらとログを残していくだけですが、特定のプロジェクトに関しては「#○○」(○○はプロジェクト名)と一行目に書くようにしています。こうしておくと、「#○○」で検索をかければ、そのプロジェクトの過去ログが一発で抽出できます。

ただ、最終的には、Evernoteにこういうログを直接残していきたいかな、とも考えています。「Day One」でログを取り、見返しているうちに__未だボンヤリとはしていますが__「作業記録のインプット・アウトプット」の理想像が少しずつ見えてきました。

となると、次に待っているのは「自作アプリ」なんですが、どうもそれを発動させる隙間時間がなかなかありません。

▼こんな記事も:
twitter中毒も治るかも?な日記アプリDayOne (vanillate)
「Day One」アプリを使用して日誌&日記をテンプレート化にて日次レビューを実践する方法(HAYA技)
どこからでも入力して一瞬で同期するメモツール、Day One(Lifehacking.jp)
Day One活用術!! ~@arukidasecloverの何でもないようなことが幸せだったと思う~(nori510.com)
今年はもっと記録する!"Day One"でいつでもどこでも裏ツイート(Gadget Girl)


▼こんな一冊も:

クラウド時代のハイブリッド手帳術
クラウド時代のハイブリッド手帳術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 122125

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 91289

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ハイブリッド手帳術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です