物書き生活と道具箱

ダイスキンダイアリーをゲット

以下の記事で存在を知り、さっそくダイソーに駆け込んできました。

ダイスキンダイアリー,略してダイダイ(tadachi-net 出張所)

そしてダイソーのMoleskineことダイスキンがベースになったと思わしきデザインの,2013年のマンスリー手帳を発見.調べてみたら,9月の中旬くらいに出ていた模様.

私が購入したのはB6版。当然105円です。

内容はごくシンプルなもの。大きく3つに分けられます。

1)月間カレンダー(2013年1月〜12月)
2)メモページ
3)パーソナルデータページ

月間カレンダーは見開きで一ヶ月分。土曜日は青、日曜日と祝祭日は赤と標準的なデザインです。左側にちょっとしたメモ欄も常備。ただ六曜はありません。

続いてメモページ。これが手帳の大部分を構成しています。上の記事によると84ページ分あるそうです。ページはリーガルパットのようなデザインになっています。

最後にパーソナルデータページ。一番最後のページです。基本的な情報を書き込むことができます。

たとえばこんな使い方

ぱっと思いつくのが、「デイリータスクリスト」としての使い方です。メモページに「その日やること」をリスト形式で書き並べ、実行したら消していくというスタイル。たとえば、左側をタスクリスト、右側をそれを補佐する情報欄として使う、という方法もあるでしょう。

しかし、こう使ってしまうと、明らかにメモページが足りなくなります。一年間は耐えられそうにもありません。

が、もう一冊買えばすむ話です。なにせ一冊105円。仮に一年間で4冊使い潰しても420円。圧倒的な低コストです。既存の手帳(一年間使い続ける)のイメージではなく、カレンダーがついているノートという風に捉えると、いろいろ活用法が見えてくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です