物書き生活と道具箱

Evernote 5 for Mac ベータ 試用雑感

出ました。

Evernote 5 for Mac ベータ登場(Evernote日本語版ブログ)

さっそく人柱覚悟で、アップデートです。なぜかノートの移行がうまくいかず、試行錯誤の山を越えるのに時間がかかりましたが、現状は落ち着いて使えています。

さて、このアップデートは一体どのようなものなのか!

については、他のBlogの記事をご覧ください。

速度、操作性、未来につながる新機能。すべてが新しいEvernote 5 for Mac のベータ版(Lifehacking.jp)

Evernote 5 for Mac ベータ版のレビュー 1日使っての感想やカスタム方法など(ごりゅご.com)

今回は雑感を少し。

カードビューがぐっとイイカンジに

大盛りのチョコレートパフェよりもカードビューが大好きな私ですが、このバージョンからノートのサムネイルがぐっとかっこよくなりました。画像付きのノートのサムネイルです。


※ビールが飲みたくなったら、すいません。


※アナログのアイデアカードもぐぐっと綺麗に。

もう、カードビュー以外の選択は私にはありません。

ショートカットが肝

今回のアップデートでは、左サイドバーの使い勝手が大きく変化しました。その中でも、使い勝手の鍵を握るのはショートカットの使い方でしょう。

このショートカット、わりと何でも放り込めます。ノートブック、ノートブックスタック、タグ、保存された検索、単独ノートと、ノートにアクセスする要素はほぼオールカバーです。
※地図は無理でした。

おそらくこの場所に何を配置するかで、使いやすさはぐぐっと変わってくるでしょう。

なにせショートカットなのですから頻繁にアクセスする要素を置きたいところ。Evernoteの運用スタイルによって解は変わって来ますが、まずノートブック(&ノートブックスタック)をこの場所に置くことが考えられます。

ノートブックについて

たとえば私は頻繁に「inbox」というノートブックにアクセスするので、ショートカットに真っ先に入れました。うむ、便利です。ちなみに、ここに置いたノートブックは、下のノートブックリストと同じ動きをしてくれるので、中央のノートリストからショートカットのノートブックにドラッグするときちんとノートの移動が行われます。

私はこのノートをドラッグでノートブックに移動させるという__私の中では__直感的な動作が好きなので、サイドバーにノートブックリストを表示させてあります(※)。そういう動作が必要ない方はリスト表示を消しておくこともできるようです。
※下の画像参照。

ということは、もうノートブックの全要素をショートカットに置いちゃえばいいじゃん?という発想もなくはありません。既存のノートブックリストと違い、自由に順番を移動できるが大きなメリットです。いちいちノートの頭に数字を付けてちまちま順番をコントロールする必要から解放されます。

が、私はあきらかにノートブックの数が多いので、このアイデアは破棄しました。たぶん、使い勝手が悪くなります。それでも、”頻繁に使う”〜”わりに使う”ノートブックをここに配置しておくのは悪くないでしょう。

タグについて

私の場合、タグはそれ単体で引っ張り出すものではなく、ノートブックからの絞り込みで使うのがほとんどなので、ショートカットには置いてありません。

唯一、「SmartEver」というアプリと同期させるための「SmartEver」タグだけはこの場所にセットしてあります。このタグはわりと付けたり消したりするので、利用頻度が高いのです。

SmartEver – サクサク使える軽量Evernoteクライアント 1.4(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Makoto Setoh – Makoto Setoh(サイズ: 3.8 MB)

保存された検索について

これを置くのかどうかが悩みどころ。右上の検索ウィンドウをクリックすると保存された検索リストが表示されるので、わざわざショートカットに置かなくてもな〜、という感触がしています。

とりあえず一週間で何回も使う「テンプレ」という検索だけはここに置いておきました。記事やメルマガ原稿のひな形が呼び出せる検索です。

単独ノートについて

たとえば、一週間のメルマガの進捗を管理している(チェックボックス付きの)ノートは毎日アクセスします。こういうのはショートカットに置いておくのが良さそうです。

が、私はそういうノートを集めた「短期選抜」というノートブックを作っておりました。このショートカット機能の追加で、このノートブックの存在価値が危ぶまれています。別にノートブックなくてもいいじゃね?な感じ。ただ、Macクライアント以外でどうなるのかわからないので、一応「短期選抜」は残しておこうかなと考えております。

しかし、タグでも問題なさそうなんですよね。

これはしばらく運用して、使い勝手を確かめてみるしかありません。

個人的にノートブックの数は少なければすくないほど良いと考えているので、必要性を感じなければ思い切ってノートブックを削除することも考えています。

サイドバーその他

サイドバーの新機能として、「最近使用したノート」というのもあるのですが、しばらく使ってみて私は表示をオフにしました。あまり活躍する場面がない。そんな印象です。

あと、先ほども書きましたがタグだけのアクセスはほとんどなく、タグを使う場面は「保存された検索」になるので、サイドバーからタグも消しました。

今のところ、全体像はこんな感じになっております。


※もうちょっと下の部分がありますが、割愛。

ショートカットとノートブックリストに重複している要素があるのは、かなり不細工ですが今のところは実験タームなので、仕方ありません。

さいごに

全体的にはよい感じのアップデートだと思います。

後は、実際に使いながら、サイドバー(というかショートカット)の存在を前提にした運用法をくみ上げていきたいところです。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 12503

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 65063

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です