時事ニュース

少子化問題と労働時間

少子化要因は育児世代の長時間労働…厚生労働白書

厚生労働省は8日、2006年版厚生労働白書を公表した。白書は、少子化の要因の一つに、30代を中心とした育児世代の長時間労働を挙げ、労働者の仕事と生活の調和を実現する働き方の見直しは企業の社会的責任であると強調した。

 国民に対しても、長時間労働を生む原因となる「24時間サービス」「即日配達」など、利便性を際限なく求める姿勢を見直すよう訴えている。


ある意味でこれは的を得ているのだろうが、本質的な問題の解決につながるかどうかはわからない。
ただ、ひたすらに利便性を追求するサービス社会への警告というのは私自身も感じているので、非常に同感できる。

まあ、それはそれとして、育児世代の長時間労働というのは確かに一因ではあると思う。それが「子どもを生み、育てよう」という意識のハードルを多少あげていることも確かにあるだろう。
しかし、「それでも子どもをつくりたい」と思えるような何かがない、というのがこの国の本質的な問題ではないかと思う。
もちろん、それは制度や組織のあり方で解決できるような問題ではないし、先進国が体験する社会的な問題なのかもしれない。

ともあれ、日本の人口が徐々に減っていくということだけは間違いなく、出生率をどれだけ維持できるのかということと、労働力の確保、そして人口構造に対応した社会制度の構築というのが求められるのだろう。
が、それをアピールしている政治家は割合少ない。なぜでしょうね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です