3-叛逆の仕事術 物書き生活と道具箱

2012年の年次レビューをやってみた

Lifehacking.jpさんに以下のようなエントリーが上がっていました。

2012年の年間レビュー (1) 何がうまくいき、何がうまくいかなかったか

年次レビュー、というやつですね。記事では振り返りの要素が3つ紹介されています。

  1. 今年を振り返って何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかをレビューする
  2. 次の一年の目標と集中すべき点について考える
  3. 目標を達成するために複数の道筋があるなら、どれを選ぶか考える

では、やってみましょう。

今年の達成、未達成

2012年のほぼ日手帳カズンを読み返してみます。すると今年初頭に掲げた3つのテーマが発見されました。

  • 4冊以上の本の出版
  • 新しい収入源の確立
  • 情報環境の構築

本については2冊で未達成。書きたいことは山のようにあるのですが、書くペースが追いついていませんでした。

今年の中頃に身内の不幸がダイアキュート!と叫びたくなるぐらいの勢いで連続してしまい、SAN値を正常値に保つので精一杯だった、というのが主な理由です。

今のところは徐々に回復しているので、来年はもう少し改善されるかと思います。

新しい収入源の確立は、ざっくばらんに言うと「メルマガの登録者さんが増えて嬉しい」になるでしょうか。今年の1月1日に比べると1.5倍近くになっています。ただ、トータルの金額としてはまだ十分とは言えません。KDPにもいち早く参戦したかったのですが、歯車が噛み合っていませんでした。

情報環境の構築については、概ね満足、というところです。Evernoteは徐々にシックリ感を増してきていますし、さまざまな便利アプリも定番になっています。インプットの量がぐぐっと減って、アウトプットにシフトしつつある今日この頃です。

ただ、アナログノート周りがもう少し統一できたらいいな、と考えています。これはまあ、毎年のことですが。

何に取り組むか

とりあえず、現状遅れている原稿をA.S.A.Pで脱稿すること。まずはそこからでしょう。

その上で、自分の書く領域を広げたい、というのが今年の目標です。「ビジネス書」というカテゴリーに縛られない、あるいはその枠組みを超えるようなものが書けたらいいなと思っています。当然、生活をまかなえる程度の収入を発生させることも肝要です。

あと、今まで一緒に仕事をしたことがない方とのコラボもやってみたいです。それは編集者さんかもしれませんし、共著者さんかもしれまんせんし、プログラマーさんかもしれませんし、イラストレーターさんかもしれません。

なんだかんだで、まだまだ新人なので、幅を広げていきたいなと思います。

もう一つだけ目標があるんですが、それは秘密にしておきましょう。

道筋の選択

やるべきこと自身は本を書くこと(あるいは作品を作ること)です。

私は田舎住まいなので、積極的に見知らぬ人々に企画営業攻勢をかけることはできません。やってやれなくはないですが、それよりも、できるだけ声をかけてもらえるようなコンテンツを作り続けたいと思います。
※執筆依頼、絶賛募集中です。

その意味で、現状のコンテンツ・クリエーション・システム(大げさだな)を見直していくのが2013年最初の一歩になるでしょう。射程は当然KDPを見据えています。

その辺りが、バシッと固まればセミナー的なものにも着手したいなと考えております。基本的には物書きですので、セミナーうんぬんはあくまで二次的な扱いです。

さいごに

あと、話がちょこっとずれますが、今年したほぼ日手帳英語版の「Hobonichi Planner」の使い方を模索していく一年にもなるかと思います。これが、結構楽しみなのです。

もう一つ、コンテンツ・クリエーション・システムの改変に伴って、ブログ周りもいろいろ変わってくるでしょう。そういう新しい試みも、心躍るものがあります。

私は学者肌ではありませんが、梅棹忠夫氏の

「デジデリアム・インコグニチ(未知への探求)、これが一番大事なことなんや」

という言葉には深い共感を覚えます。

▼こんな一冊も:

シゴタノ!手帳術
シゴタノ!手帳術 倉下 忠憲 北 真也 大橋 悦夫

東洋経済新報社 2012-03-30
売り上げランキング : 12576

Amazonで詳しく見る by G-Tools

クラウド時代のハイブリッド手帳術
クラウド時代のハイブリッド手帳術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 150529

Amazonで詳しく見る by G-Tools

梅棹忠夫―「知の探検家」の思想と生涯 (中公新書)
梅棹忠夫―「知の探検家」の思想と生涯 (中公新書) 山本 紀夫

中央公論新社 2012-11-22
売り上げランキング : 17975

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です